なにわ男子:グループ結成2周年「家族よりも長い時間一緒」 初主演ドラマ「メンズ校」にも自信

連続ドラマ「メンズ校」で初主演を務める「なにわ男子」(C)和泉かねよし・小学館/「メンズ校」製作委員会
1 / 1
連続ドラマ「メンズ校」で初主演を務める「なにわ男子」(C)和泉かねよし・小学館/「メンズ校」製作委員会

 関西ジャニーズJr.の人気グループ「なにわ男子」が初主演を務める連続ドラマ「メンズ校」(テレビ東京、水曜深夜0時12分)が、10月7日からスタートする。第1話の放送に先駆け、6日にグループ結成2周年を迎えたなにわ男子からコメントが到着した。

 ドラマは、和泉かねよしさんの同名マンガが原作の青春学園ストーリー。創立35年の全寮制名門高校で、徒歩での脱出がほぼ不可能な男子校「私立栖鳳(せいほう)高校」を舞台に、現世から隔離された“とらわれ男子”たちの一夏の“アオハル(青春)”を描く。

 長尾謙杜(けんと)さんは、「なにわ男子7人で主演をさせていただいてるのも青春ですし、僕たちの楽曲「アオハル -With U With Me-」を主題歌に使っていただいているのも青春なんで、『青春』っていうのはやっぱりキーになってくる」と、グループとドラマの共通点についてコメント。

 西畑大吾さんも「なにわ男子の延長線上にメンズ校があるというか」「僕たちも関西ジャニーズJr.っていう学校があったら、なにわ男子っていうクラスがあるみたいな感覚で、似ているところもあるなと思って」と話し、「だから僕たちも親しみを持って演じさせていただきました」と振り返っている。

 また、なにわ男子は本作でグループ単独初主演。道枝駿佑(しゅんすけ)さんは「普段のなにわ男子のワイワイ感が映像にも出ているので、初めて見た方にも僕らの仲の良さがわかっていただける作品になっていると思います」と自信をのぞかせ、「一人一人がいつもと違う人を演じているので、そのギャップを感じてほしい」とアピール。

 高橋恭平さんも「家族より長い時間一緒にいる7人の仲の良さが演技にもプラスされているんじゃないかなって思います」といい、「このドラマは涙あり笑いあり友情あり、そして僕たちという調味料……“おかず”も詰まった、いいドラマになっております」とちゃめっ気たっぷりに語った。

 さらに、ドラマの内容について、藤原丈一郎さんは「きっと、懐かしいなとか、こういうの憧れやったなとか思ってもらえると思います」と話し、「いろんなことに挑戦して、世の中の壁にぶち当たってもみんなで頑張るっていう絆を見て明日一日頑張ろうとか、学生時代を思い出して、一歩踏み出そうと思ってもらえたら」と視聴者にメッセージ。

 大橋和也さんも「男性には『こんなんやったな』、女性には『男子校ってこんな感じなんや』みたいなのを知ってもらえたらなと」と見どころを紹介し、「なにわ男子も男子校みたいなものなんで、そんな僕らの良さが詰まった『メンズ校』というドラマをぜひ見ていただけたらと思います!」と語った。

 大西流星さんは「どんな方にも楽しんでいただけるすてきなドラマになっているので、僕たちも放送が楽しみです」と期待を寄せながら、「皆さんも水曜の夜だけはちょっとだけ夜更かししていただいて、でも木曜に遅刻しないように、ぜひなにわ男子と一緒にアオハルしていただけたらと思います」と呼びかけた。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る