石田彰:「鬼滅の刃」猗窩座役 “狂気”を表現 アフレコは「必死」「ビクビク」も

アニメ マンガ
「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」に登場する猗窩座(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

 吾峠呼世晴(ごとうげ・こよはる)さんのマンガが原作の「劇場版『鬼滅の刃(きめつのやいば)』無限列車編」(外崎春雄監督)が10月16日に公開され、石田彰さんが十二鬼月(じゅうにきづき)の上弦(じょうげん)の参の猗窩座(あかざ)を演じたことが話題になっている。猗窩座は、劇場版が公開されるまで、登場することが明かされておらず、公開まで石田さんが演じたことも発表されていなかった。それだけに、石田さんが出演することが発表されると、ファンから驚きと歓喜の声があふれた。極端なまでに強さを追い求める猗窩座を演じ「行きすぎてしまっている人。狂気をはらんでいる」と感じたという石田さんに、演じる上でのこだわりや作品の魅力を聞いた。

 ◇「キャラクターの極端さ」が魅力 猗窩座の「狂気」、煉獄の「異常さ」

 「鬼滅の刃」は、家族を鬼に殺された竈門炭治郎(かまど・たんじろう)が、鬼に変異した妹を人間に戻すために旅立つ……というストーリー。2016~20年に「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載。テレビアニメが2019年4~9月に放送された。コミックスのシリーズ累計発行部数は1億部を突破。歌手のLiSAさんが歌うテレビアニメの主題歌「紅蓮華(ぐれんげ)」が大ヒットし、「第70回NHK紅白歌合戦」に初出場したことも話題となった。

 劇場版は、テレビアニメの最終話からつながる物語。炭治郎、炎柱の煉獄杏寿郎(れんごく・きょうじゅろう)ら鬼殺隊が短期間で40人以上の行方不明者を出しているという無限列車の調査へおもむき、十二鬼月の下弦(かげん)の壱の魘夢(えんむ)との戦いに挑む。

 石田さんが演じる猗窩座は、鬼の頂点に立つ鬼舞辻無惨(きぶつじ・むざん)の精鋭・十二鬼月のトップ3に位置する強敵。異常なまでに強さを追い求める猗窩座は、煉獄の強さを瞬時に感じ取り、「お前も鬼にならないか?」と喜々として誘うようなキャラクターだ。石田さんは独自に、「鬼滅の刃」の魅力を「キャラクターの極端さ」と表現する。

 「それぞれのキャラクターの振り切れ具合というか、とがり具合というか、そういう極端さをすごく感じました。マンガの世界のフィクションの作り方としては当たり前のことなのかもしれないですけど、マンガだからこそ許される現実にないほどの極端さ。ただ、そうはいってもリアリティーを持たせるために、表現をこれぐらいで抑えておこうということではなく、思い切りやっちゃっているところが、この作品の魅力の一つでもあるのかなと思いました」

 自身が演じる猗窩座には「狂気」を感じたという。

 「猗窩座は、強さを求めることに真面目なのか、極端に振り切れている。猗窩座が見ているものは、強さ至上主義で、情とかそんなものは関係ない。ある種の狂気を秘めているようにも見えるほどに極端なところにいる。普通の人として考えるよりも狂気をはらんだ感じを意識して演じていました」

 さらに、猗窩座と相対する煉獄にも極端さを感じた。

 「煉獄さんも戦闘組織の中で高い地位に立てるほどの強い人で、その彼にも、日常生活を送れなさそうな異常さを持たせている。あの人は何なんでしょうね(笑い)。シンプルな『格好いいキャラ』でいいじゃない?と思うのですが、そこに収まりきらないキャラクターになっていると思います」

 ◇「鬼滅の刃」の現場の熱量 「圧で負けないように」

 「鬼滅の刃」の声優陣は劇場版のアフレコは非常にハードだったと語っている。数々の作品で存在感を発揮してきた石田さんは、劇場版のアフレコをどのように感じたのだろう。

 「もう、こちらは必死ですよね。時間をかけてしっかりキャラクターを作り上げてきた他の皆さんの中に、探り探りの人間が一人入って行っているので(笑い)。不安でしたが、そのビクビクを感じ取られないようにやっていましたよ。……というのはあんまり言わない方がいいんでしょうけど。例えば、炭治郎であれば、ネガティブな部分を持ちつつ熱いキャラクターをすごい熱量で演じている。それを聞いて、この熱量を持った世界観に追いつかなきゃいけないなと思いました」

 猗窩座と対峙(たいじ)する煉獄を演じる日野聡さんの演技も「素晴らしかった」と称賛する。

 「しっかり芯を持ってやってらっしゃる日野さんのお芝居に対して、こっちが圧で負けないようにとは思っていましたね。見ている人に、猗窩座が『ダメじゃん』と思われたらおしまいなので」

 劇場版では、猗窩座と煉獄の異なる信念の激しいぶつかり合いが描かれる。石田さんは猗窩座を演じながら、2人の「相いれなさ」「向いている方向の決定的な違い」を感じたという。

 「僕から見ると、お互いそこまで肝が据わっているんだったらしょうがないと思うし、どっちも譲らずに対極にいるのはいい関係だと思って見てしまうのですが、猗窩座としては『こいつも分かってないか』という気持ちでしょうね。戦って頂点を極めることの意味や、達成感みたいなものが『こいつも分かってない』という。しかも、猗窩座は相手が自分の意に沿わないことに対して、ひょっとしたら自分が間違っているのかもしれないとは考えないと思うんですよね」

 ◇猗窩座を演じることが挑戦に 「万人受けを望む必要はない」

 猗窩座は敵ではあるが、言葉に裏がなく極端なまでに強さを追い求める姿は、魅力的にも見える。

 「極端な人って目立ちますもんね。目立つ人へ関心がいくのは自然なことだと思うし、そこを『嫌なやつ』と捉える人もいれば、逆に魅力だと思ってくれる人もいる。演じる上では、万人受けを望む必要もないという気楽さもあります。一部の人にピンポイントに刺さる魅力があればいいのかなと思います。猗窩座の極端に『強さ』だけを求めているところが魅力に映れば、猗窩座役としては万々歳というか、それ以上望むべくもないかなと思いますね」

 数々の作品で魅力的な敵役を演じてきた石田さんにとって、猗窩座を演じることは挑戦にもなったという。

 「僕は、普段は魘夢のような役を演じることが多いので、それとは違うタイプの役をやることに対しての挑戦。挑戦というと、大げさですけどね。これまでも強敵と言われるキャラクターを演じてきましたが、それは奥に踏み込んでいった時に『こいつヤバい』と分かる人が多かった。猗窩座は、強さの醸し出し方のスタイルが彼らとは違って、ぱっと見でヤバいと分かる(笑い)。最初から目を合わせないようにしようと思わせる人ですよね」

 石田さんの怪演もあって、猗窩座の“ヤバさ”が際立った。劇場版の見どころを聞くと、「煉獄さんが想(おも)いを吐露するシーン」と語る。煉獄と信念をぶつけ合った猗窩座を演じた石田さんだからこそ、より煉獄に対して感じるものがあったのかもしれない。猗窩座と煉獄の激闘をしっかりと目に焼き付けたい。

※煉獄の「煉」は「火+東」が正しい表記となる。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る