白石麻衣:ついに卒業 「乃木坂46」の“絶対的エース”として… 9年間の活躍の軌跡

芸能 アイドル
10月28日配信のライブをもって「乃木坂46」を卒業する白石麻衣さん

 アイドルグループ「乃木坂46」の白石麻衣さんが、10月28日に配信形式で行われる卒業ライブをもって、2011年から約9年間在籍した同グループから卒業する。「まいやん」の愛称で知られる白石さんは、女性ファッション誌でモデルを務めてきた美貌と、バラエティー番組などで見せるサービス精神旺盛な飾らないキャラクターを武器に、当初から“絶対的エース”として活躍。男女問わず人気を博し、グループの顔としても、乃木坂46の人気をけん引してきた。その功績は図り知れず、今年1月の卒業発表は、世間の大きな注目を集めた。ここで改めて、白石さんのこれまで活動を振り返ってみたい。

 ◇モデルで活躍 写真集は50万部超えの大ヒット

 白石さんは、1992年8月20日生まれ、群馬県出身の28歳。2011年8月に1期生として乃木坂46に加入した。加入当初から持ち前の美貌は目を引き、デビュー時から乃木坂46の冠番組でMCを務め、グループの“公式お兄ちゃん”としても知られるお笑いコンビ「バナナマン」は、自身のラジオ番組で「白石っていうすごい子がいるっていうのを一番最初に聞いた」と明かしたほど。

 グループでは、デビュー曲「ぐるぐるカーテン」から5作連続でシングル曲のセンターを務めた生駒里奈さんと共に、乃木坂46の顔として、まだ知名度が高くなかった創設期を支え、6枚目のシングル「ガールズルール」(2013年)では、初のセンターを務めた。

 また2012年11月のファッションイベント「Girls Award」でランウエーデビューすると、その後も「Girls Award」や「東京ガールズコレクション」など数々のファッションショーに出演。2013年には女性ファション誌「Ray(レイ)」(主婦の友社)の専属モデルに就任し(2018年に卒業)、「LARME(ラルム)」(徳間書店)でも2012年の創刊号から2018年発売の「LARME 034」までレギュラーモデルを務めた。

 今でこそ数多くの女性ファション誌に登場している乃木坂46のメンバーだが、白石さんはまさにその先駆け。20代女子のアイコンともいえる存在となり、従来のアイドルファンだけにとどまらず、男女問わず多くの支持を得た。

 その人気ぶりもあり、初めてのランジェリー撮影にも挑戦した、2017年2月発売のセカンド写真集「パスポート」は、「第10回オリコン年間“本”ランキング2017」を受賞。同ランキングによると、2017年(2016年11月21日~17年11月19日)の期間中に22万9000部を売り上げ、女性写真集としては歴代最高の年間売上記録となった。

 同写真集はロングセラーとなり、2019年には、「男女問わず支持される新しい写真集のかたちを提示し、写真集マーケットを活性化させるなど出版文化に貢献した」として、「野間出版文化賞 特別賞」を受賞。2020年7月の時点で累計発行部数が50万部を超える大ヒット作となった。

 ◇天真らんまんな、親しみのもてるキャラクター

 白石さんの活躍はモデル業だけにとどまらない。2013年からはフジテレビ土曜深夜放送の競馬バラエティー番組「うまズキッ!」にレギュラー出演。共演のお笑いコンビ「おぎやはぎ」の下ネタ交じりのイジりを受けながらも、絶妙な切り返しを見せ、約5年間、土曜深夜の競馬番組の顔を務めた。

 テレビ東京放送の乃木坂46の冠番組「乃木坂って、どこ?」と、その後継番組「乃木坂工事中」でも、ヘビやカエルを手に持つなどの体当たり企画や、同じ1期生の秋元真夏さんに見せるキレ芸「黒石さん」キャラなどで番組を盛り上げた。

 白石さんの凜(りん)とした美しさは、一見すると「高嶺(たかね)の花」で近寄りがたい印象を受けるかもしれないが、バラエティー番組で見せる、飾らないキャラクターも彼女の魅力だ。今年8月に開設したYouTubeチャンネル「my channel」でも、「大好き」だというUFOキャッチャーでの自腹挑戦企画や、絶叫交じりのゲーム実況など天真らんまんな姿を見ることができる。

 ◇卒業後は女優業に意欲も

 また、女優業も活発で、2018年放送のフジテレビ系のオムニバスドラマ「世にも奇妙な物語 '18春の特別編」の「フォロワー」で、ドラマ単独初主演を飾ると、同年放送のフジテレビ系ドラマ「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」で“月9”初出演。ゲスト出演だったが、美しいウエディングドレス姿は注目を集めた。2019年放送の「俺のスカート、どこ行った?」(日本テレビ系)では、下ネタも連呼するやさぐれ教師を好演。映画でも「闇金ウシジマくんPart3」(山口雅俊監督、2016年)や「スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼」(中田秀夫監督、2020年)に出演するなど存在感を発揮している。

 今年1月の卒業発表後に公開された映画「スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼」の完成披露試写会では「お芝居の仕事がすごく好きですし、これからもたくさん演技していきたい」と女優業にも意欲を見せた。

 ◇

 白石さんが卒業を発表してから約9カ月。当初、卒業ライブは5月5~7日に東京ドーム(東京都文京区)で開催される予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で延期された。ファンにとっては、白石さんを直接見送れないことには歯がゆい気持ちもあるだろうが、結果的には卒業発表から9カ月もの間、歌番組などでその姿を見ることができた。10月28日、“アイドル・白石麻衣”の最後の姿を見届けたい。

芸能 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る