バベル九朔:“千加子ママ”佐津川愛美の店に“テナントさん”が続々来店 Huluオリジナルストーリーの場面写真公開

テレビ
Huluオリジナルストーリー「今夜、バベルの地下一階で。」の場面写真(C)NTV・J Storm

 人気グループ「Sexy Zone」の菊池風磨さんが主演を務めるドラマ「バベル九朔」(日本テレビ、月曜深夜0時59分)の配信オリジナルストーリー「今夜、バベルの地下一階で。」の場面写真が公開された。スナック「SNACKハンター」で働く千加子ママ(佐津川愛美さん)と、店にやって来た探偵の四条さん(池田鉄洋さん)がサングラス姿でグラスを手にする様子が収められている。

 ドラマは、万城目学(まきめ・まなぶ)さんの同名小説(角川文庫/KADOKAWA)が原作。雑居ビル「バベル九朔」の新米管理人となった九朔満大(菊池さん)は、ある日、すべての夢がかなう偽りの世界“バベル”に迷い込み、現実世界で夢を諦めてしまった親友やビルのテナントの人々を目にする。しかし“バベル”に迷い込んだ人間は、ある言葉を口にすると二度と現実世界には戻れなくなってしまうと知り、満大はビルの仲間を救うために奮闘する……という物語。

 「バベル九朔」のテナントの店主として、4階の探偵事務所の所長・四条さんを池田さん、地下1階のスナック「SNACK ハンター」の千加子ママを佐津川さん、1階の中古レコード店の店主・市川さんをアキラ100%さん、2階の雑貨屋の店主・双見くんを前原滉さん、3階の画廊の店主・蜜村さんを村松利史さんが演じる。

 オリジナルストーリーでは「バベル九朔」ビルの地下1階にある「SNACKハンター」を舞台に、知加子ママと個性豊かな“テナントさん”たちの会話劇が繰り広げられる。会話の中には本編の「鍵」となるヒントも隠されているという。10月26日の本編第2話の放送終了後から、動画配信サービス「Hulu(フールー)」で配信スタート。全5話。

 オリジナルストーリー第1話には四条さんが登場。シェリー酒を片手にいい気分になった四条さんが、探偵になった理由や九朔家についての大胆推理を話しながら、千加子ママのことを遠回しに口説き始めて……と展開する。第2話には市川さん、第3話には双見くん、第5話には蜜村さんが登場し、第4話には“テナントさん”ではなくテレビ関東のプロデューサーが出演する。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る