危険なビーナス:蒼井翔太主演のオリジナルストーリー「安全なビーナス」スタート “君津”結木滉星の過去が明らかに

テレビ
ドラマ「危険なビーナス」のオリジナルストーリー「安全なビーナス」第1話のワンシーン(C)東野圭吾/講談社 (C)共同テレビ/TBS

 俳優の妻夫木聡さん主演の連続ドラマ「危険なビーナス」(TBS系、日曜午後9時)のオリジナルストーリー「安全なビーナス」が、動画配信サービス「Paravi(パラビ)」で独占配信される。本編には登場しない、声優の蒼井翔太さん演じるバーテンダーのシェリーを中心とした物語で、第1話「迷えるヒツジ」の配信が10月25日にスタートした。本編に登場している蔭山元美(中村アンさん)と君津光(結木滉星さん)が登場する。

 「危険なビーナス」は、東野圭吾さんの同名小説(講談社)が原作。独身獣医の主人公・手島伯朗(妻夫木さん)が、異父弟・矢神明人(染谷将太さん)の失踪事件をきっかけに、明人の「妻」を名乗る謎の美女・楓(吉高由里子さん)とともに、名家・矢神家の遺産をめぐる壮大な謎解きに挑んでいく“危険なラブサスペンス”。

 「安全なビーナス」は、シェリーが営むバー「Venus」を舞台に、「危険なビーナス」の登場人物たちが、本編では語られなかった物語の裏側を暴露していく。堀田真由さん演じる支倉百合華、お笑いトリオ「3時のヒロイン」の福田麻貴さん演じる永峰杏梨も登場する。

 第1話では、矢神家の使用人兼執事・君津がVenusにやって来る。君津は、以前、Venusでバーテンとしてアルバイトをしており、シェリーとも顔見知りだった。店には、蔭山がいたが、伯朗の動物病院で働いていることなど知る由もない。君津は、シェリー特製のカクテルに心をほぐされ、矢神家のことについて話し始める。シェリーは、そんな君津に「真っすぐで素直」なのが君津のいいところであると励まし、気分転換になればと、君津に、Venusに戻ってこないかと誘う……。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る