極主夫道:“龍”玉木宏が“向日葵”白鳥玉季のために粋な計らい “きび団子仲直り”に「ほっこり」「すてき」

テレビ
連続ドラマ「極主夫道」第3話のワンシーン(C)ytv

 俳優の玉木宏さん主演の連続ドラマ「極主夫道」(読売テレビ・日本テレビ系、日曜午後10時半)の第3話が、10月25日に放送された。友達とケンカをしてしまった娘・向日葵(白鳥玉季さん)のために“粋な計らい”をする龍(玉木さん)に、視聴者から「さりげなく解決した龍に感動」「龍ちゃんの優しさにうるっときた」「ナイスアシスト」「良いお父さん」「最高にかっこいい」といった声が上がった。

 ドラマは、新潮社のマンガサイト「くらげバンチ」で連載中のおおのこうすけさんの同名マンガが原作。“最凶”の極道「不死身の龍」といわれたが、極道から足を洗った後に結婚して専業主夫となった龍が、家族やさまざまな事件が起こる町の平和を守る姿を描くヒューマンコメディー。

 第3話は、龍が妻の美久(川口春奈さん)たちとテレビを見ていると、向日葵の小学校でPTA会長を務める千金楽(鈴木浩介さん)が理想の父親として出演していた。自分も理想の父親に、と考えた龍は、PTAの会議に乗り込んで千金楽に加入を直談判。会議で話し合われていた、近々開かれるハロウィーンのお楽しみ会に協力することを宣言する。

 しかし、龍はハロウィーンがどういうものなのか分からなかったため雅(志尊淳さん)に助けを求めるが、雅もハロウィーンについて詳しくない。2人はゆかり(玉城ティナさん)に教えてもらうことに。龍が大張り切りでお楽しみ会の準備を進める一方、向日葵はなぜか、お楽しみ会に行きたくないと言い出して……というストーリーだった。

 龍はハロウィーンのお楽しみ会で桃太郎の寸劇を披露。劇中で「仲直りの印」として鬼にきび団子を手渡し、「皆さんも誰かとすれ違ってしまうこともあるんとちゃいますか。そんな時は素直に謝って、このきび団子で仲直りしましょうや」と言って観客にきび団子を配った。

 龍は向日葵にきび団子を二つ渡し、仲直りに協力。「最後は仲直りでほっこり」「仲直りさせるための桃太郎さすが」「仲直りの方法教えてくれたのね」「アシストがすてきすぎる」「龍も話も粋やわ」などと反響が寄せられた。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る