なにわ男子と一流姉さん:なにわ男子が豪華セットに感激! 西畑大吾は黒柳徹子に密着で「構えると標準語に……」 初回収録振り返る 

テレビ
10月31日スタートの新番組「なにわ男子と一流姉さん」に出演する「なにわ男子」=テレビ朝日提供

 10月31日にスタートする関西ジャニーズJr.の人気グループ「なにわ男子」の冠番組「なにわ男子と一流姉さん」(テレビ朝日系、土曜午後11時半)の初回収録がこのほど行われ、収録を終えたメンバーからコメントが到着した。

 番組では、メンバーがそれぞれ年上の一流女性に密着し、仕事をはじめ、オフの日のお出かけや家事の様子などから“ガチの一流ポイント”を発見していく。一方、密着されている“一流姉さん”は、自身と番組が定めた独自のポイントを基に、なにわ男子たちを逆採点する。

 初回の収録を振り返り、大橋和也さんは「スタジオに入った瞬間、豪華なセットが僕らを迎えてくれて、うれしい気持ちでした」とコメント。そのほかのメンバーも、シャンデリアのようなライトなどを前に、興味深い様子でセットを眺めていたという。

 また、スタジオゲスト“一流兄さん”としてお笑いコンビ「フットボールアワー」も登場。高橋恭平さんは「こんな豪華なセットと、個人的にも大好きなフットボールアワーさんと一緒にやらせていただけてすごくうれしかったです」、道枝駿佑さんは「フットボールアワーのお二人も、僕らが言うことにたくさんフォローを入れてくださって、いい意味で緊張感を持って収録に臨めました」とそれぞれ感想を語った。

 記念すべき初回は、西畑大吾さんが“一流姉さん”の黒柳徹子さんに密着。VTRを見た西畑さんは「構えると標準語になってしまうんだな、と新しい発見がありました」といい、「109に行ったのも貴重な経験でした。徹子さんに『109に行ってきて』って言われた人は初めてなんじゃないかと思いますよ!」とアピール。

 大西流星さんは、西畑さんが黒柳さんの長寿トーク番組「徹子の部屋」(同局系、月~金曜午後1時)を模した「大吾の部屋」に挑戦する様子に「ロゴもできていて、めちゃくちゃうらやましかった」と話しながら、「でもVTRを見ている間は、僕らの方も感じたことのない緊張感がありました」と明かした。

 今回、なにわ男子は全国ネットでの冠番組に初挑戦。藤原丈一郎さんは「僕ら、まだまだぺーぺーなので! “一流姉さん”からたくさん学んで、見ていただいている皆さんにもあらためて『頑張ろう!』って思ってもらえるような番組にしたい」と意気込みを披露。

 長尾謙杜さんは「土曜日の皆様がゆっくりしている時間帯なので見てもらいやすいと思うんです。これをきっかけに僕らなにわ男子ももっともっとスピードアップして、みんなでレベルアップしていけたら」と、番組にかける思いを語った。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る