吸血鬼すぐ死ぬ:テレビアニメが2021年放送 福山潤がドラルクに ロナルド役は古川慎 マッドハウス制作

アニメ マンガ
「吸血鬼すぐ死ぬ」に登場するドラルク(左)と声優を務める福山潤さん(C)盆ノ木至(秋田書店)/製作委員会すぐ死ぬ

 「週刊少年チャンピオン」(秋田書店)で連載中の盆ノ木至さんのギャグマンガが原作のテレビアニメ「吸血鬼すぐ死ぬ」が、2021年に放送されることが分かった。声優として福山潤さん、古川慎さんが出演することも発表された。福山さんは吸血鬼のドラルク、古川さんは退治人のロナルドをそれぞれ演じる。「HUNTER×HUNTER」などの神志那弘志(こうじな・ひろし)さんが監督を務め、「サマーウォーズ」などのマッドハウスが制作する。

 「吸血鬼すぐ死ぬ」は、「週刊少年チャンピオン」で2015年6月から連載中。超絶ザコ吸血鬼のドラルクと苦労人体質の退治人ロナルドがコンビを組み、さまざまな事件を解決したり、ドタバタに巻き込まれる……というストーリー。

 ◇スタッフ(敬称略)

 監督:神志那弘志▽シリーズ構成:菅原雪絵▽キャラクターデザイン:中野繭子▽アニメーション制作:マッドハウス

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る