七人の秘書:第3話視聴率13.4%で好調続く! “影の軍団”が松本若菜、救出

連続ドラマ「七人の秘書」第3話の一場面=テレビ朝日提供
1 / 1
連続ドラマ「七人の秘書」第3話の一場面=テレビ朝日提供

 女優の木村文乃さん主演の連続ドラマ「七人の秘書」(テレビ朝日系、毎週木曜午後9時)の第3話が11月5日に放送され、平均視聴率(世帯)は13.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・以下同)だった。第1話13.8%、第2話13.7%に続き、好数字をマーク。好調を維持している。

 ドラマは、表では東都銀行常務秘書として働くが、裏では副業として「人助け」を請け負う望月千代(木村さん)ら“影の軍団”が金や権力にまみれた非情な支配者たちを一掃し、理不尽だらけの日本社会を裏で変えていく姿を描く。脚本は中園ミホさんが担当。

 第3話では、“影の軍団”の一員で、慶西大学病院の病院長秘書のパク・サラン(シム・ウンギョンさん)は、内科医・三好麻里(松本若菜さん)が、患者から現金入りの菓子折りを受け取ったと疑われ、謹慎処分になったと知る。「全く身に覚えがない……」と落ち込む麻里。サランは、患者の信頼も厚く次期内科部長候補に挙げられるほど優秀な麻里が出世争いに巻き込まれ、はめられたと断言する。しかし、菓子折りは、病院長の西尾忠彦(大和田伸也さん)の指示でサランが発注したものだった。

 西尾が息子の直哉(忍成修吾さん)を内科部長にするために麻里を失脚させようとしたのではと考えた千代ら“影の軍団”は、西尾を追い込むネタを仕入れるため作戦を開始。そんな中、息子の出世に加え、自身も医師会会長の座を狙う西尾は、財務大臣の粟田口十三(岸部一徳さん)と密会していて…と展開した。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る