注目ドラマ紹介:「七人の秘書スペシャル」 木村文乃ら“影の軍団”が再集結 連ドラと映画をつなぐ内容に

10月2日放送のスペシャルドラマ「七人の秘書スペシャル」の一場面 (C)テレビ朝日
1 / 6
10月2日放送のスペシャルドラマ「七人の秘書スペシャル」の一場面 (C)テレビ朝日

 2020年10月期の連続ドラマ「七人の秘書」(テレビ朝日系)のスペシャルドラマ「七人の秘書スペシャル」が、10月2日午後9時から同局系で放送される。主演の木村文乃さん演じる望月千代をはじめ、照井七菜(広瀬アリスさん)、長谷不二子(菜々緒さん)、朴四朗(パク・サラン、シム・ウンギョンさん)、風間三和(大島優子さん)、鰐淵五月(室井滋さん)、萬敬太郎(江口洋介さん)の7人が再集結する。

 「七人の秘書」は、千代ら7人の「影の軍団」が、金や権力にまみれた非情な支配者たちを一掃し、理不尽だらけの日本社会を裏で変えていくというストーリー。スペシャルドラマは連ドラ最終話から2年後の物語で、バラバラになっていた7人が巨大詐欺集団を倒すために奮闘する。7日に公開される映画「七人の秘書 THE MOVIE」(田村直己監督)に先駆けて放送され、連ドラと映画をつなぐ内容となる。

 ゲストとして、伊武雅刀さん、玉置玲央さん、三浦誠己さん、野波麻帆さん、飯田基祐さん、長谷川朝晴さん、冨手麻妙さん、お笑いコンビ「モグライダー」の芝大輔さんが出演する。

 スペシャルドラマでは、千代が萬の紹介で、小さな町工場ながら世界に誇る特許技術を持つ「鴨志田製作所」の社長・鴨志田寿(伊武さん)の秘書を務めることになる。

 会社の経営状態が悪化する中、鴨志田が参加したオンラインサロンで投資詐欺に遭う。サロンには世界的経営者も参加していたが、鴨志田の話を聞いた千代ら7人は詐欺グループによる犯罪と確信。それぞれの得意分野で情報収集し、詐欺グループのメンバー全員を割り出そうとして……。

写真を見る全 6 枚

テレビ 最新記事