青天を衝け:吉沢亮、栄一役で最終的に8キロ増 「めちゃくちゃパンパン」「すごく体が重い」 

大河ドラマ「青天を衝け」第40回の一場面 (C)NHK
1 / 5
大河ドラマ「青天を衝け」第40回の一場面 (C)NHK

 俳優の吉沢亮さんが12月14日、主演する大河ドラマ「青天を衝(つ)け」(NHK総合、日曜午後8時ほか)の取材会に出席した。吉沢さんは、最終的に「8キロくらい太った」と告白。「めちゃくちゃパンパンに太ったんで、すごく体が重くて。走るシーンがあったのですが、1年前に全力で走ったときよりも、全然走ることができなくて。なんか、年をとったなと思いました(笑い)」と振り返った。

 役を演じる上で一番苦労したことは、晩年の芝居だといい、「年をとっていくお芝居は本当に難しくて。やっぱり栄一なので、エネルギーが失われていく姿は絶対に避けなくてはいけないというところがありました。年を重ねるということは、すごく難しいんですよね」と明かし、「みんなで話し合いながら、(役を)作っていきました」と話した。

 「青天を衝け」は、“日本資本主義の父”と称される渋沢栄一が主人公で、連続テレビ小説(朝ドラ)「風のハルカ」(2005年度後期)、「あさが来た」(2015年度後期)などの大森美香さんが脚本を担当。「緻密な計算」と「人への誠意」を武器に、近代日本のあるべき姿を追い続けた渋沢の生きざまを描く。

写真を見る全 5 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る