青天を衝け:とっさま&かっさま、円四郎、慶喜、千代 怒涛の回想に感極まる!「みんな大好き」

大河ドラマ「青天を衝け」最終回の一場面 (C)NHK
1 / 1
大河ドラマ「青天を衝け」最終回の一場面 (C)NHK

 俳優の吉沢亮さん主演のNHK大河ドラマ「青天を衝(つ)け」(総合、日曜午後8時ほか)最終回(第41回)「青春はつづく」が、12月26日に15分拡大版として放送され、「緻密な計算」と「人への誠意」を武器に、近代日本のあるべき姿を追い続けた渋沢栄一(吉沢さん)の物語は完結した。

 最終回では、老年になっても走り続ける栄一は、ワシントンの軍縮会議に合わせて再び渡米し、移民問題など悪化した日米関係の改善に尽力する。一方、栄一の後を継ぐ決心をした孫の敬三(笠松将さん)は、銀行員となり、経験を積むため渡英する。そんな折、関東大震災が発生する。

 周囲の心配をはねのけ救援の最前線に立った栄一は、内外の実業家に寄付を呼びかけ資金を集める。また中国の水害に対しても、自宅からラジオを通じて募金への協力を呼びかけるが、満州事変が勃発。救援物資は受け取りを拒否されてしまう。それでも栄一はあきらめず、病床から自らの思いを伝え続ける。そして栄一は、昭和6(1931)年11月11日、永遠の眠りにつく。91歳の大往生だった。

 残り10分を切り、敬三が栄一について語るシーンで、怒涛の回想が挿入。母・ゑい(和久井映見さん)と父・市郎右衛門(小林薫さん)、円四郎(堤真一さん)や慶喜(草なぎ剛さん)、妻の千代(橋本愛さん)が、栄一に向けられた“大切な言葉”と共に登場。

 「あんたがうれしいだけじゃなくて、みんながうれしいのが一番なんだで」(ゑい)、「おめえはおめえのまま、生き抜け。必ず」(円四郎)、「渋沢、この先は日本のために尽くせ」(慶喜)などが流れると、SNSでは「走馬灯のように懐かしい、名残惜しい回想シーン」「想シーンで円四郎が出てくるたびに泣いている」「終わってしまう。寂しくなるな」「回想シーンを見て胸がいっぱいです」「出てくる人みんな大好き、こんなに好きなドラマは初めてです、、」「感極まってしまいました」といった声が次々と上がっていた。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る