フルーツバスケット:田園調布とコラボ サンタ風の透、由希、夾のポスター AR企画も

アニメ マンガ
「フルーツバスケット」と東京・田園調布のコラボビジュアル(C)高屋奈月・白泉社/フルーツバスケット製作委員会

 高屋奈月さんの人気少女マンガが原作のテレビアニメ「フルーツバスケット」と同作のロケ地である東京・田園調布がコラボした企画「TVアニメ『フルーツバスケット』コラボ企画 Den-en-chofu Christmas 2020」が実施されることが11月6日、分かった。サンタクロースの帽子をかぶった本田透、草摩由希、草摩夾が描かれたコラボポスターが公開された。ポスターは、田園調布商店街に掲出される。スマートフォンのアプリを使い、クリスマス仕様のキャラクターと写真を撮れるAR企画も実施する。期間は11月7日~12月25日。

 「フルーツバスケット」は、マンガ誌「花とゆめ」(白泉社)で高屋さんが1998~2006年に連載。唯一の家族だった母を亡くし、テントで暮らしていた女子高生の本田透が、同級生の草摩由希の家に住み込むことになる……というストーリー。草摩家の人々は、異性に抱きつかれると十二支のもののけに変身する。

 2001年にもテレビアニメが放送された。新作はスタッフ、キャストが一新され、初めて全編がアニメ化される。第1シーズンが2019年4~9月に放送。第2シーズンが今年4~9月に放送された。最終章「『フルーツバスケット』The Final」が、2021年にテレビ東京、テレビ愛知、テレビ大阪ほかで放送される。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る