岡田裕介さん:東映グループ会長、急性大動脈解離のため死去 吉永小百合「信じられないことです」とコメント

映画 芸能
岡田裕介さん

 東映グループ会長の岡田裕介さん(本名・岡田剛さん)が11月18日午後10時58分に急性大動脈解離のため東京都内の病院で死去したことが20日、明らかになった。71歳。東映が発表した。

 岡田さんは1949年5月27日生まれ、京都府出身。1988年11月に東映へ入社すると、1992年6月に取締役に就任。2002年6月に代表取締役社長、2014年4月に代表取締役グループ会長に就任した。

 俳優としても活躍した。1970年に公開された「赤頭巾ちゃん気をつけて」(森谷司郎監督)で映画デビューを果たし、「実録三億円事件 時効」(1975年、石井輝男監督)、「吶喊(とっかん)」(1975年、岡本喜八監督)、「火宅の人」(1986年、深作欣二監督)などに出演。また、高倉健さんと吉永小百合さんが初共演した「動乱」(1980年、森谷司郎監督)、吉永さん主演の「華の乱」(1988年、深作欣二監督)、織田裕二さん主演の「きけ、わだつみの声」(1995年、出目昌伸監督)などをプロデュースした。

 2021年公開予定の、吉永さん主演の「いのちの停車場」(成島出監督)では、製作総指揮として陣頭指揮を執っていたが、完成を待たずしての急逝となった。

 岡田さんが手がけた数多くの作品に出演してきた吉永さんは、「信じられないことです。お疲れがたまっていらしたのですね。これから映画の完成まで、どうぞお力を私たちに与えてください。見守ってください」とコメントした。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る