恋する母たち:“斉木由香”瀧内公美が話題「嫌な女の演技上手」「まじで怖ぇぇ」 スピンオフ希望の声も

テレビ
女優の木村佳乃さんの主演ドラマ「恋する母たち」の第5話のワンシーン(C)TBS

 女優の木村佳乃さん主演のドラマ「恋する母たち」(TBS系、金曜午後10時)の第5話が11月20日、放送された。木村さん演じる石渡杏の夫・慎吾(渋川清彦さん)と駆け落ちし失踪した過去を持つ斉木由香役の瀧内公美さんについて、視聴者からは「瀧内公美がまじで怖ぇぇ」「すっごい嫌な女の演技上手 褒めてる!」などのコメントが並んだ。

 ドラマは、女性週刊誌「女性セブン」(小学館)で2017年から今年7月まで連載された柴門ふみさんの同名マンガが原作。木村さん、吉田羊さん、仲里依紗さん演じる同じ高校に通う息子を持つ3人の母たちの恋愛と友情を描いたラブストーリー。

 瀧内さん演じる由香は、小泉孝太郎さん演じる斉木巧の元妻。杏の夫である慎吾と駆け落ちして失踪。与論島で記憶喪失になった慎吾と別れ、斉木とも離婚して……という役どころ。

 第5話は、杏は息子の研(藤原大祐さん)が、交際相手の斉木が自分の父の駆け落ち相手の元夫と知り、ナーバスになって家に帰ってこないことで悩んでいた。多感な年頃の研を心配した杏は、しばらく会うのをやめようと斉木に伝える。しかし、杏の好物を買い家の玄関先にそっと差し入れしてくれる斉木のさり気ない優しさに喜び、会えなくても心は通じ合っていると思われた2人だったが……という内容だった。

 劇中では、杏が見ている前で、わざと巧にくっついてみせる由香の姿が登場。杏が、由香が働くクラブを訪れるシーンでは、由香が「『金持ちのじいさんと再婚する』なんて言ったっけ? 覚えてないわー」と言い放ち、「好きなのね? タクちゃんのこと?……でもあんた子供いるでしょ?」などと話していた。

 SNSでは、「瀧内公美さん、元妻のムカつく部分を集めてこねた感じ」「意地悪な女役、男を振り回しそうな役やらせたらホントうまい」「瀧内公美の悪役っぷり徹底していた」などと反響があった。

 瀧内さんは、放送中のテレビ東京のドラマ「共演NG」にも出演していることから、「『共演NG』といい、『恋する母たち』といい、そこまでメーンじゃないのに、瀧内公美さんの存在感が圧倒的すぎる」というコメントもあった。

 仲里依紗さん演じる蒲原まりの夫・繁樹(玉置玲央さん)の不倫相手・山下のり子を演じた森田望智(みさと)さんについても、「山下のり子、ほんとヤバイw」「山下のり子っていう秘書女、 本当にまじで嫌い」「山下のり子まじでおもしろい」など注目を集めてきたことから、「瀧内公美さんと森田望智さん主演でそれぞれスピンオフ作って! 見たい」という意見も上がっていた。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る