ゆうきまさみ展:描き下ろしビジュアルにキャラ集結 等身大R・田中一郎、光画部部室も

ゆうきまさみさんの画業40周年を記念した展覧会「画業40周年記念企画 ゆうきまさみ展」のキービジュアル(C)ゆうきまさみ/小学館(C)HEADGEAR
1 / 1
ゆうきまさみさんの画業40周年を記念した展覧会「画業40周年記念企画 ゆうきまさみ展」のキービジュアル(C)ゆうきまさみ/小学館(C)HEADGEAR

 マンガ「究極超人あ~る」「機動警察パトレイバー」などで知られるゆうきまさみさんの画業40周年を記念した展覧会「画業40周年記念企画 ゆうきまさみ展」のキービジュアルが12月5日、公開された。ゆうきさんが描き下ろしたビジュアルで、「究極超人あ~る」のR・田中一郎や「機動警察パトレイバー」の泉野明などキャラクターが集結した。

 同展は、12月24日~2021年1月11日に東京ドームシティ Gallery AaMo(ギャラリー アーモ、東京都文京区)で開催。デビュー作から最新作までの原画のほか、キャラクターラフ、設定資料、ネーム、アイデアノートなどの未公開資料が公開される。クラウドファンディングによって実現したR・田中一郎の等身大フィギュア、光画部部室も展示される。

 12月24日に先行鑑賞会も開催され、抽選で当選した200人が参加でき、ゆうきさんのトークショー、サイン会が開催される。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る