恋する母たち:“山下のり子”森田望智の近況に驚き「まさか幸せになってるとは…」 “有馬”結城モエに「のり子超え」の声も

テレビ
ドラマ「恋する母たち」の最終回のワンシーン(C)TBS

 女優の木村佳乃さん主演のドラマ「恋する母たち」(TBS系、金曜午後10時)の最終回が12月18日、放送され、蒲原まり(仲里依紗さん)の夫・繁樹(玉置玲央さん)の不倫相手だった、山下のり子(森田望智さん)が登場。視聴者からは、「結局全部通して最強だったのは山下のり子だったな」「山下のり子は最後まで素晴らしかった」など絶賛の声が上がった。

 ドラマは、女性週刊誌「女性セブン」(小学館)で2017年から今年7月まで連載された柴門ふみさんの同名マンガが原作。木村さん、吉田羊さん、仲さん演じる、同じ高校に通う息子を持つ3人の母たちの恋愛と友情を描いたラブストーリー。

 最終回は、まりは、繁樹が公認会計士試験に合格、仕事のめどが立ったところで離婚を切り出す。これまで抑えていた思いをぶつけるまりに、繁樹は動揺する。しかし、元不倫相手・のり子(森田さん)の話を思い出し、まりと丸太郎(阿部サダヲさん)の調査を依頼し……という内容だった。

 のり子と繁樹が再会するシーンでは、のり子は「あのとき、私を信じて素行調査でもなさっていれば、今ごろ慌てることもなかったのにね。しおらしい顔して、あなたの奥様はとてもしたたかなんですよ」と話す。そして、自身が結婚したことや、自分の法律事務所を持ったことを報告し、「先生と別れた途端、運が向いてきたみたいです。払っておきますね」と言って去って行き……という展開だった。

 SNSでは、「山下のり子の去り際、気持ちがいいな!」「結婚して、弁護士としても自分の事務所を構えた山下のり子さんはカッコ良かったですね。喫茶店の支払いで不倫相手を見事に見返しましたね」「まりちゃんの旦那と山下のり子がいいキャラすぎて、これからももっと見たい……クセになるわぁ」「出てくるたびにキターってなるし、もう名前覚えちゃった笑」などのコメントが並んだ。

 ドラマの公式サイトでは、出演者のクランクアップ時のコメントが公開されている。森田さんは、「次は性格の良い役での出演を狙いたいと思います!(笑い) ありがとうございました」とコメントしている。

 なお、最終回では、赤坂(磯村勇斗さん)と結婚する予定だった、結城モエさん演じる有馬の“裏の顔”も明らかになり、SNSでは「山下のり子より有馬さんのほうがやばいやつだった」「最終回に来て急に山下のり子を超えした有馬さん」などの意見も上がっていた。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る