ブラッククローバー:追加キャストに鈴木達央、小倉唯 ハート王国共闘編ビジュアル、Snow ManスペシャルMV公開

「ブラッククローバー」のハート王国共闘編のビジュアル(C)田畠裕基/集英社・テレビ東京・ブラッククローバー製作委員会
1 / 7
「ブラッククローバー」のハート王国共闘編のビジュアル(C)田畠裕基/集英社・テレビ東京・ブラッククローバー製作委員会

 「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載中の田畠裕基さんのマンガが原作のテレビアニメ「ブラッククローバー」に声優として鈴木達央さん、小倉唯さんが出演することが12月20日、分かった。アニメは2021年1月5日放送の158話からハート王国共闘編に突入し、鈴木さんはゼノン・ゾグラティス、小倉さんはヴァニカ・ゾグラティスというキャラクターをそれぞれ演じる。12月20日、オンラインで開催されたイベント「ジャンプフェスタ2021 ONLINE」で発表された。

 アスタ、ヤミ、ダンテ、ユノ、ゼノン、ノエル、ヴァニカとクローバー王国とスペード王国が対峙(たいじ)するハート王国共闘編の新ビジュアル、人気グループ「Snow Man」が、担当する新オープニングテーマ「Grandeur」のスペシャルミュージックビデオ(MV)も公開された。

 鈴木さんは「とてつもなく強大な力を持ったゼノンとしてフィルムに参加します。皆さんを気持ちよく恐怖の沼に引きずり込めるよう、最善を尽くしたいと思います」とコメント。小倉さんは「ダークトライアドの一人、ヴァニカを演じさせていただくことになりました。狂気的で自由奔放な彼女。その魅力を引き出すため、自分の中に眠っている享楽的な感情を掘り起こしてアフレコに臨もうと思っています。皆さんをゾクゾクさせられるよう頑張ります……!」と話している。

 「ブラッククローバー」は、魔法が存在する世界を舞台に、生まれながらに魔法が使えない少年アスタが、魔法帝を目指す姿を描いている。テレビ東京系で毎週火曜午後6時25分に放送。

写真を見る全 7 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る