注目ドラマ紹介:「江戸モアゼル」 岡田結実が江戸の花魁に 葉山奨之らと恋の四角関係

女優の岡田結実さんの主演ドラマ「江戸モアゼル~令和で恋、いたしんす。~」の第1話のワンシーン=読売テレビ提供
1 / 6
女優の岡田結実さんの主演ドラマ「江戸モアゼル~令和で恋、いたしんす。~」の第1話のワンシーン=読売テレビ提供

 女優の岡田結実さん主演のドラマ「江戸モアゼル~令和で恋、いたしんす。~」(読売テレビ・日本テレビ系、木曜午後11時59分)が1月7日に始まる。岡田さん演じる江戸時代からタイムスリップしてきた伝説の花魁(おいらん)が、令和の東京を舞台に繰り広げるハートフルなラブコメディーだ。

 原作は、江戸キリエさんのマンガ「江戸モアゼル」。野暮(やぼ)なこと、筋が通らないことを嫌い、客だろうがお大尽だろうがキッチリと言い負かす、気風(きっぷ)のいい愛すべき江戸の花魁・仙夏が、現代に突然タイムスリップし、「コミュニケーション下手で、恋に奥手な令和男」を中心に恋の四角関係を繰り広げる。

 仙夏に翻弄(ほんろう)されながらも影響を受けていくフリーターでカフェ店員の蔵地俊輔役を葉山奨之さん、蔵地を高校の同級生としてしか見ていなかったが、徐々に惹(ひ)かれ始めるウェブ広告会社「バードネット」勤務の春日泉美役を吉谷彩子さん、「バードネット」社長で、仙夏に興味を持つ鳥居直樹役を前田公輝さん、俊輔や仙夏の働くカフェのオーナーで俊輔の叔父・蔵地雄彦役をお笑いコンビ「ココリコ」の田中直樹さんが演じる。

 第1話は、仙夏(岡田さん)が現代にタイムスリップしてくる。その瞬間をフリーターの青年・俊輔(葉山さん)が目撃。ひょんなことから仙夏は俊輔の居候している蔵地雄彦の家に同居することになる。

 しばらくこの時代で生きるしかないと覚悟を決めた仙夏は、俊輔の働くカフェでアルバイトを始める。吉原花魁流の接客をする仙夏に、周りはてんやわんや。そんな中、蔵地が密かに想いを寄せる友人・泉美(吉谷さん)がカフェを訪れる。俊輔の恋心に気付いた仙夏は、花魁のテクニックを駆使して俊輔と泉美を結び付けようとして……。

写真を見る全 6 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る