中村倫也:「珈琲いかがでしょう」実写ドラマ主演にファン「神キャスティング!!」 歓喜の声続々

2021年放送のドラマ「珈琲いかがでしょう」に主演する中村倫也さん
1 / 1
2021年放送のドラマ「珈琲いかがでしょう」に主演する中村倫也さん

 俳優の中村倫也さんが、「凪のお暇」などで知られるコナリミサトさんのマンガを実写化する連続ドラマ「珈琲いかがでしょう」(テレビ東京系)に主演することが1月7日、分かった。原作ファンの間では「コーヒー屋さんが中村倫也にしか見えない」「ぜひ中村倫也で実写化を」などと話題となり、今回、ファンからの声に応えたキャスティングで実現したという。SNSは「中村倫也で実写化うれしい!」「中村倫也で見たかった!」「素晴らしいキャスティングに感謝!」「神キャスティング!!」といった喜びの声で盛り上がっている。

 「珈琲いかがでしょう」は2014~2015年に「WEBコミック EDEN」で連載され、2018年にはアニメ化もされた。移動コーヒー店「たこ珈琲」店主の青山一(あおやま・はじめ)が、心を込めて入れたコーヒーとさりげない言葉で、人生に少し傷ついた人たちの心を癒やしていく物語。ドラマは2021年に放送される。

 中村さんがコナリさん原作のドラマに出演するのは「凪のお暇」(TBS系)での安良城ゴン役に続き2度目。「珈琲いかがでしょう」の原作も読んでいたという中村さんは、原作ファンの間で話題となっていたことを受け、「そういった声も僕のもとにも届いていて、『お待たせしました』といったところでしょうか。これで僕以外の役者が演じていたら何よりもまず僕が文句を言っていたと思うので、良かったなと思います(笑い)」とコメント。

 SNSには、ドラマの放送に「期待値マックス!!」「期待しかない!」「楽しみすぎる!」「早く見たい!」といった声も上がっている。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る