注目アニメ紹介:「無職転生」 “なろう系”のパイオニアがテレビアニメ化 34歳無職が異世界に

アニメ
「無職転生 ~異世界行ったら本気だす~」の一場面(C)理不尽な孫の手/MFブックス/「無職転生」製作委員会

 小説投稿サイト「小説家になろう」で人気のライトノベルが原作のテレビアニメ「無職転生 ~異世界行ったら本気だす~」が、1月10日深夜からTOKYO MX、BS11ほかで放送される。原作は“なろう系”ラノベのパイオニアとも言われる人気作で、MFブックス(KADOKAWA)で書籍化され、コミカライズも展開されている。

 働きもせず他人と関わりもせず、ただ部屋に引きこもってゲームやネットに明け暮れていた34歳無職の男性がある日、トラックにひかれて死んでしまう。その瞬間、剣と魔法の異世界に生まれたばかりの赤ん坊として転生する。

 少年ルーデウスとして生まれ変わった男は、前世の記憶と後悔を糧に、魔術の才能を開花させ、新たな人生を歩み始める。「今度こそ本気で生きていく」と決意したルーデウスの壮大な冒険が描かれる。

 「きんいろモザイク」などの内山夕実さんがルーデウス、「銀魂」などの杉田智和さんが“前世の男”をそれぞれ演じるほか、声優として小原好美さん、加隈亜衣さん、茅野愛衣さんらが出演する。WHITE FOXとEGG FIRMが設立したスタジオバインドが制作する。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る