SixTONES松村北斗:“愛が重すぎる系男子”に? 唐突にハグ、「別れたくない」と涙も 「ライアー×ライアー」本編映像

映画「ライアー×ライアー」に主演する「SixTONES」の松村北斗さん(C)2021「ライアー×ライアー」製作委員会 (C)金田一蓮十郎/講談社
1 / 1
映画「ライアー×ライアー」に主演する「SixTONES」の松村北斗さん(C)2021「ライアー×ライアー」製作委員会 (C)金田一蓮十郎/講談社

 人気グループ「SixTONES(ストーンズ)」の松村北斗さんと女優の森七菜さんがダブル主演を務める映画「ライアー×ライアー」(耶雲哉治監督、2月19日公開)から、本編映像が1月8日、公開された。“愛が重すぎる系男子”の透(松村さん)が、思いを寄せる女子高生のみな(森さん)を町中で突然抱きしめたり、みなからの別れ話に「別れたくない」と泣く姿などが収められている。

 映画は、「私×義弟×JK姿の私」という“2人なのに三角関係”の恋模様を描いた金田一蓮十郎さんの同名マンガが原作。友人の頼みで友達の高校時代の制服を着てギャルメークで街に出かけた高槻湊(森さん)は、同居中の同い年の義弟・透と街で遭遇してしまう。湊はとっさに別人の“女子高生・みな”と名乗り、それを信じた透はあろうことかJK姿の“みな”に一目ぼれし、猛アプローチをかける……というストーリー。

 今回、公開された本編映像では「愛が重すぎる系男子の特徴」として透について紹介。みなに専用の携帯電話をプレゼントしたり、みなを自分の男友達に合わせないようにしたりと、湊に対しては冷たく“ツン”と接する透が、みなには“デレ”をさく裂させる様子が映し出されている。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る