名探偵コナン:「再起動される神回を当てろ!」に新ヒント!? 追加ビジュアルに #コナン神回 が… テレビアニメ放送1000回記念

「名探偵コナン」放送1000回記念プロジェクトの第1弾「再起動される神回を当てろ!」のビジュアル(C)青山剛昌/小学館・読売テレビ・TMS 1996
1 / 3
「名探偵コナン」放送1000回記念プロジェクトの第1弾「再起動される神回を当てろ!」のビジュアル(C)青山剛昌/小学館・読売テレビ・TMS 1996

 テレビアニメ「名探偵コナン」が、3月6日の放送で1000回を迎えることを記念した「『名探偵コナン』放送1000回記念プロジェクト」の第1弾「再起動(リブート)される神回を当てろ!」の追加ビジュアルが1月13日、公開された。最新のスタッフ、技術で新たに制作される“伝説の神回”をファンが予想する企画で、昨年12月に公開された3種のビジュアルに加え、新たに灰原哀、毛利小五郎、毛利蘭を描いたビジュアルがお披露目された。ビジュアルが神回を当てるヒントとなる。神回が2月3日に発表されることも分かった。

 昨年12月に公開された工藤新一、怪盗キッド、服部平次のビジュアルと同じく、灰原哀、毛利小五郎、毛利蘭のビジュアルも人気エピソードのカットが背景にコラージュされており、その中にリブートされる伝説の神回のカットも含まれている。それぞれのビジュアルに使用されたカットの枚数は、工藤新一が約1万枚、怪盗キッドが約8000枚、服部平次が約6000枚、灰原哀が約4000枚、毛利小五郎が約3000枚、毛利蘭が約2000枚と徐々に少なくなっており、それぞれのカットもより鮮明に見えるようになっている。

 ツイッター、インスタグラムでハッシュタグ「#コナン神回」を付けて推理を投稿することで企画に参加できる。

 「名探偵コナン」は、青山剛昌さんがマンガ誌「週刊少年サンデー」(小学館)で連載している人気マンガ。小学生探偵の江戸川コナンが、次々と起こる難事件を解決する姿を描く。テレビアニメは、1996年1月8日にスタートした。1月に放送25周年を迎えた。

写真を見る全 3 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る