小原好美:2020年は「悩んで、考える一年」 話題作「無職転生」で新たな一面も

「無職転生 ~異世界行ったら本気だす~」に出演する小原好美さん
1 / 3
「無職転生 ~異世界行ったら本気だす~」に出演する小原好美さん

 小説投稿サイト「小説家になろう」で人気のライトノベルが原作のテレビアニメ「無職転生 ~異世界行ったら本気だす~」が1月10日からTOKYO MXほかで放送されている。原作は“なろう系”ラノベのパイオニアとも言われる人気作。主人公の主人公のルーデウス・グレイラット(ルディ)の魔法の家庭教師で師匠となるロキシー・ミグルディアを演じるのが、「スター☆トゥインクルプリキュア」「まちカドまぞく」などに出演してきた人気声優の小原好美さんだ。小原さんに「無職転生」のアフレコ、2021年の抱負について聞いた。

 ◇複雑なキャラも「無理をせずに」 

 「無職転生」は、34歳無職の男性が家を追い出され、トラックにひかれて死んでしまうが、剣と魔法の異世界で生まれ変わり、前世での知能や後悔を生かし、新たな人生が動き始める……というストーリー。MFブックス(KADOKAWA)で書籍化され、コミカライズも展開されている。アニメは、「ゲーマーズ!」などの岡本学さんが監督を務め、WHITE FOXとEGG FIRMが設立したスタジオバインドが制作する。主人公のルーデウス・グレイラット(ルディ)役の内山夕実さんのほか、杉田智和さん、加隈亜衣さん、茅野愛衣さんらが声優として出演する。

 「無職転生」は、一度聞いたら忘れられないタイトルだ。小原さんも「タイトルのインパクトが大きいですよね」と感じたという。

 「最初は何だろう!?と驚き、作品の世界に引き込まれました。転生前の前世の男は、本当に現代にいそうな男性です。孤独な部分が描かれています。リアルで、物語にスッと入り込めました。転生した後は姿が変わるけど、前の記憶を持ったままで、どう変わっていくのかな?と思いながら原作を読んでいました」

 小原さんが演じるロキシーは、ルディの魔法の師匠となる。見た目は青髪の美少女だが、実は年齢は成人で立派な大人だ。複雑なキャラクターではあるが「無理をせずに」演じた。

 「何度か演じさせていただいていますが“魔法少女”を演じるのはうれしいですね。ロキシーは全然キャラクターが違いますが(笑い)。ロキシーは語り口調が独特です。現場で方向性を固める時も『見た目に引っ張られないように』『可愛くし過ぎずに素の声の成分も入れてほしい』とお話がありました。成人だけど大人っぽくなり過ぎず……と意識しましたが、考えてしまうと難しいんですよね。表情や仕草に幼さもあります。難しく考えず、無理をせずにやってみたら、方向性が固まりました」

 ◇前世の男にビビビと電気が走る!

 コロナ禍のアフレコは最小人数で行われることが多い。小原さんは、ロキシーの弟子になるルディ役の内山さんと一緒にアフレコすることが多かったという。

 「内山さんの声を聞きながら演じ、師匠としてルーデウスの成長を感じていました。ロキシーは感情を表に出すキャラクターではないので、自分の中でブレーキをかけながら、ルディがどんどん成長していく姿を見て、すごい!頑張れ!という気持ちでした。でも、内山さんは先輩ですし、頑張れ!と思いながら、『違う違う、先輩だよ!』となったり(笑い)」

 前世の男を演じる杉田さんの演技も話題になっている。モノローグで語られる言葉がアニメのスパイスになっている。小原さんは、杉田さんが演じる前世の男に衝撃を受けた。

 「初めてお声を聞いた時は衝撃を受けました。ビビビと電気が走るような。優しさ、温かさもあって、応援したくなる前世の男なんです。ロキシーと前世の男は絡みがないですし、ロキシーには聞こえていない声ですし、ファン目線で聞いていました」

 ◇壁を乗り越えたと思ったら、また新たな壁が…

 小原さんは「月がきれい」「魔法陣グルグル」「スター☆トゥインクルプリキュア」「かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~」「まちカドまぞく」など数々の人気作に出演してきた人気声優。さまざまなキャラクターを演じ、その高い演技力から“注目の若手声優”と紹介されることもある。「無職転生」でも新たな一面を見せてくれそうだ。

 「ロキシーはこれまであまり演じたことがないタイプのキャラクターでした。淡々としているけど、感情が豊かで、内に秘めたものがあります。それに『無職転生』はすごい作品なんです! 映像が美しいですし、アニメを制作するスタジオバインドさんは、この作品のために立ち上げたとうかがいました。私だけでなくチームとして挑戦していく感覚もあります。みんなで挑んでいこうとしています」

 2020年はさまざまな変化があった。

 「新人として現場に入ってきましたが、メインの方をサポートしたり、寄り添ったりする立場の現場もありました。それに、男の子や大人の女性などそれまで演じたことがないキャラクターも演じさせていただく機会もあり、壁を乗り越えたと思ったら、また新たな壁があり……と、これまでいろいろな経験をさせていただきました。私はまだまだ未熟です。悩んで、考える一年でした。2021年は『無職転生』はもちろん、もっと頑張っていきたいです!」

 「無職転生」のロキシーはもちろん、これからもさまざまな演技を見せてくれそうだ。「悩んで、考えて」成長を続ける今後の活躍も期待される。

写真を見る全 3 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る