半妖の夜叉姫:松本沙羅、小松未可子、田所あずさ“3姫”声優 犬夜叉、殺生丸の娘 遺伝を意識

「半妖の夜叉姫」で声優を務める(左から)小松未可子さん、松本沙羅さん、田所あずささん
1 / 3
「半妖の夜叉姫」で声優を務める(左から)小松未可子さん、松本沙羅さん、田所あずささん

 高橋留美子さんの人気マンガ「犬夜叉」の殺生丸、犬夜叉の娘たちが活躍するテレビアニメ「半妖の夜叉姫」(読売テレビ・日本テレビ系、土曜午後5時半、一部地域を除く)。殺生丸の双子の娘であるとわとせつな、犬夜叉と日暮かごめの娘、もろはの“3姫”が現代と戦国時代を舞台に暴れ回る痛快なストーリーと、3姫の出生の秘密が徐々に明かされていく謎をはらんだ展開が話題を呼んでいる。とわ役の松本沙羅さん、せつな役の小松未可子さん、もろは役の田所あずささんは、いずれも幼いころに犬夜叉ワールドに魅了された世代だ。殺生丸、犬夜叉の娘を演じる上で、それぞれに親からの遺伝を意識しているという3人にお互いの演技の印象や作品への思いを聞いた。

 ◇3姫が親から受け継ぐ魅力 14歳の少女としての可愛さも

 「半妖の夜叉姫」は、妖怪と人間の血を引く少女3人をメインキャラクターとした物語。殺生丸の娘・とわとせつな、かごめと犬夜叉の娘・もろはが、現代、戦国時代の時を超えて縦横無尽に暴れ回る姿を描く。高橋留美子さんがメインキャラクターデザインを手掛け、「犬夜叉 完結編」の副監督だった佐藤照雄さんが監督、隅沢克之さんがシリーズ構成を担当。「犬夜叉」「犬夜叉 完結編」と同じくサンライズが制作する。

 ――犬夜叉ワールドの新たな物語「半妖の夜叉姫」が制作されると知った時はどう思いましたか?

 松本さん 衝撃が大きかったです。自分が小さいころから見ていたキャラクターたちの子供が生まれるというのが……まずどうやって生まれたのかなと(笑い)。どんなふうにいろいろなものが受け継がれていくのかなと思いました。

 田所さん 本当にビックリしました。「犬夜叉」は、すごく美しく完結した作品なので、まさか続きがあるなんて、新しい物語があるなんてと。大好きな作品だったので、犬夜叉の物語が受け継がれていく喜びも大きかったです。何より殺生丸様に子供がいるというのが、誰との子だ……? と思いました(笑い)。なめるようにキャラデザを見てしまいました。

 小松さん 私も犬夜叉と殺生丸の娘たちの物語ということで、すごく驚きました。「犬夜叉」のマンガやアニメを見てきた身としての懐かしさと、また犬夜叉ワールドに一から触れられるんだといううれしさ、ワクワク感が大きかったです。

 ――犬夜叉、殺生丸の娘を演じる上で意識していることは?

 松本さん とわに関しては、オーディションの時に音響監督の名倉(靖)さんから父親の殺生丸を意識しないということと、「あまりボーイッシュにしすぎないでほしい」と言われて、その時点で自分の中のプランが崩れて「やばい……」と思いました。それで、裸一貫で戦った結果が今のとわなんです。とわは、戦国時代に徐々に慣れていくので、最初から格好よすぎず、決めすぎずと意識していました。どんな経験をしていても14歳の女子中学生なので、時々女の子っぽい部分が見えたり、そういう部分が根っこにあることは忘れないようにしています。

 ――とわの親の存在を意識することもありますか?

 松本さん 話が進むにつれ、そこがすごく難しいところなんだなって自覚し始めました。親を感じさせるニュアンスがあったほうが犬夜叉ファンの方は喜んでくださるだろうなと思うのですが、いかんせんとわは父親、母親のことを知らない状態なので、そのニュアンスを無理やりだそうとは意識していなくて、結果的に、殺生丸に似ている、母親に似ていると思ってくれたらうれしいなと。とわは、もろはやせつなと違って一人だけ現代で育ったので、戦国時代で育ったせつなやもろはに「お前は弱すぎる」「柔軟すぎてダメだ」と言われてしまうんですけど、その意見を受け入れようとする。根っこの部分は柔らかくて、お母さんの血を引いている感じはして「本当にあの人にそっくりね」と言われる子なのかなと思いますね。

 ――せつなを演じる小松さんはいかがですか?

 小松さん オーディションの時に言われたのは、ベースはせつなだけど、たまに14歳の女の子の一面を見せると。あと、とわともろはと一緒にいることで少しずつデレてくるので、その可愛さも見せてほしいと言われました。オーディションの段階では、せつながどんなふうにデレるのか想像が付かなかったので、悩みましたね。実際収録に入って、第2話ぐらいからは名倉さんが「なりけん(殺生丸役の成田剣)さんを思い出して」とおっしゃって……。

 田所さん それは難しい……。

 小松さん せつなも、殺生丸のことをほぼ知らないし、記憶もなくなっているので、その状況の中でどこか血を受け継いでしまった部分というか。血筋ゆえに受け継いでいる冷静沈着な部分と、本人が育ってきた環境で得た後天的な冷静さ、生きていく上での覚悟みたいなものを演技に込めた形が、今のせつななのかなと思います。ただ、まだ14歳というのもあって、等身大の心の揺れを見せる子だなと思いますね。せつなは、とわの生き方を目の当たりにして黙るシーンが多いんですけど、彼女なりに一回考えて噛み締めているんだろうなと意識して演じています。

 ――犬夜叉とかごめの娘、もろはを演じる田所さんは?

 田所さん オーディションの時は犬夜叉さんの犬のような独特の座り方をイメージしていました。すぐに動き出せるフットワークの軽さというか、体が常に躍動しているような野性味あふれる動きを意識しました。それは今も変わらないことですね。もろはちゃんは、常に戦ってお金を稼いで生きてきて、なめられるわけにはいかなかったと思うので、話し方も挑発的な荒い言葉遣いで、自分を大きく見せるように生きてきたんだろうなと思って演じています。もろはちゃんは生い立ちを聞くと、報われないような生活を送ってきているのに、すごく快活でからっとしているんですよね。そういう心の強さだったり、悲観しすぎないところが両親に似ているのかなと思います。

 ◇声優陣の人柄がにじみ出るキャラクター

 ――お互いの演技から影響、刺激を受けることもありますか?

 松本さん 最初にいただいた資料が高橋留美子先生が描いたキャラクターデザインと簡単な相関図だけだったので、それぞれのキャクラクターたちに声が付いてアニメーションになった時にどうなるんだろうと思っていたんですけど、いざ収録が始まってお二人の声を聞いた時に「あ、なるほど!」となりました。私はお二人に何とか迷惑をかけないように……。

 小松さん・田所さん いやいや……こちらこそ(笑い)。

 松本さん 毎話毎話二人からもらえるものはたくさんあります。とわとせつな、もろはが別行動になるシーンでは、田所さんとは別で収録をするのですが、自分が収録する前に田所さんの声を聞いて受け取るものがたくさんあります。「こう演じてもらえているなら、自分はもうちょっとこうしよう」というのが毎回ありますね。

 田所さん 私は、オーディションの時にもろはちゃん以外の二人の役も受けていて、正直に言うと、自分で演じていても声が想像つかなかったんです。実際に一緒に収録させていただいた時に「これだ、これしかない」という答えを見た感じでした。とわちゃんは、現代でも戦国時代でもどこかなじめていないというか、結構揺れるキャラで、たまにずれた発言もするんです。そこは、(松本)沙羅さんの真っすぐで誠実なお芝居があるからこそ、とわちゃんなりに自分なりの信念があって行動しているのが分かる。とわちゃんはすごく難しい役どころですが、沙羅さんの人柄がにじんでいるというか。

 小松さん ころあずちゃん(田所さん)の言う通り、沙羅ちゃんの人柄が出てますね。とわは見た目がきりっとしていて、男の子っぽい印象があるんですけど、すごく人なつこいんですよね。多分どの時代でも生きていける。沙羅ちゃん自身の人なつこさやコミュ力の高さがあるからこそだと思います。

 松本さん うれしいです。

 田所さん 小松さんが演じるせつなちゃんも「殺生丸様がめっちゃにじみ出てる。すごい!」と思って。私もオーディションでせつなちゃんを演じたから分かるのですが、女性が(殺生丸役の)成田(剣)さんのお芝居をにじませるってめっちゃ難しいんです。小松さんは殺生丸から受け継いでいるせつなちゃんの強さを出しながらも、14歳の可愛らしさ、デレた時の可愛らしさを表現されている。せつなちゃんの幅広さを引き出しているのは、小松さんの腕だなって思うし(笑い)。

 小松さん もろはも、犬夜叉とかごめを受け継いでいる。これは、ころあずちゃんじゃないとできないと思います。もろはには、犬夜叉のがさつな部分と、かごめの芯の強さ、しなやかさがあって「これがもろはだ!」と。ころあずちゃんの中にあるふわっとした部分やおちゃめな部分が合わさって、よりもろはが可愛いんですよね。犬夜叉のキャラだけ引き継ぐとがさつなだけの女の子になっちゃうから難しいと思うんですけど、かごめの可愛らしさと強さも出している。もろはのどこか抜けた部分が、せつな的にも許せちゃう。これは“ころあずマジック”ですよ。

 松本さん すてきなマジックです。

 田所さん うれしいです。

 小松さん 演じていても、せつなが2人の影響を受けて変わってきているのを感じます。せつなにとっては、とわももろはも愛せる人たちなんですよね。実際、この3人は親族ですしね(笑い)。

 松本さん、小松さん、田所さんが演じる3姫は、犬夜叉や殺生丸の血を受け継ぎながらも犬夜叉ワールドの新たなヒロインとして魅力を放っている。3姫のコミカルな掛け合い、妖怪との痛快なバトル、そして次第に明かされていく出生の秘密。今後もストーリーから目が離せない。

写真を見る全 3 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

PHOTO

このページのトップへ戻る