24 JAPAN:第14話 妻子を救出した現馬に胸騒ぎ 新たな刺客も

1月15日に放送される連続ドラマ「24 JAPAN」第14話の一場面=テレビ朝日提供
1 / 3
1月15日に放送される連続ドラマ「24 JAPAN」第14話の一場面=テレビ朝日提供

 唐沢寿明さん主演の連続ドラマ「24 JAPAN」(テレビ朝日系、金曜午後11時15分)第14話が1月15日に放送される。CTU(テロ対策ユニット)第1支部A班の現馬(唐沢さん)は、テロ実行グループに誘拐された妻・六花(木村多江さん)と娘・美有(桜田ひよりさん)を救出し、2人を病院へ送り出す。事情聴取のためCTUに残る現馬は胸騒ぎを覚え、A班チーフ・水石伊月(栗山千明さん)に妻子の様子を見に行くよう依頼。すぐさま病院に向かう伊月も、2人の病室である人物と遭遇したことが発端となり、嫌な予感を覚える。

 現馬が一度は食い止めた朝倉麗(仲間由紀恵さん)暗殺計画。しかし、黒幕アンドレ・林(村上淳さん)の指揮下、新たなテロリストが日本へ入国。その情報をつかんだA班暗号解析係長・南条巧(池内博之さん)は、新班長・小畑緑子(霧島れいかさん)に報告し、即座に麗を避難させるべきだと進言する。

 ドラマは、米ドラマ「24-TWENTY FOUR-」シーズン1をベースに、日本初の女性総理誕生への期待が高まる総選挙当日の24時間が描かれる。日本版ジャック・バウアーこと獅堂現馬が、CTUのメンバーと共に日本初の女性総理候補・朝倉麗の暗殺計画阻止という極秘任務にあたる。

写真を見る全 3 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

PHOTO

このページのトップへ戻る