銀魂2:小栗旬主演の実写映画第2弾、あす地上波初放送 菅田将暉、橋本環奈ら豪華キャストが集結

映画「銀魂2 掟は破るためにこそある」の場面写真(C)空知英秋/集英社 (C)2018映画「銀魂 2」 製作委員会
1 / 3
映画「銀魂2 掟は破るためにこそある」の場面写真(C)空知英秋/集英社 (C)2018映画「銀魂 2」 製作委員会

 2018年に公開された、俳優の小栗旬さん主演の映画「銀魂2 掟は破るためにこそある」(福田雄一監督)が、1月16日午前11時55分からテレビ東京で地上波初放送される。マンガ誌「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載された、空知英秋さんのマンガの実写化第2弾だ。

 「銀魂」は、天人(あまんと)と呼ばれる異星人に占領された江戸時代のかぶき町を舞台に、なんでも屋「万事屋」を営む侍・坂田銀時らが難題を解決する姿を描くSF時代劇コメディー。2017年に公開された実写版の続編となる今作は、万事屋と真選組の熱い友情が描かれる「真選組動乱篇」と、人気キャラの将ちゃんが登場する「将軍接待篇」が融合したストーリー。

 実写映画では、小栗旬さんが坂田銀時、菅田将暉さんが志村新八、橋本環奈さんが神楽を演じるほか、柳楽優弥さん、三浦春馬さん、堂本剛さん、堤真一さんらも出演する。

 家賃が払えないほど金欠の万事屋の3人は、アルバイトをすることを決意。だが、バイトの先々で天下の将軍様、将ちゃんこと徳川茂茂(勝地涼さん)と遭遇してしまう。粗相のないようにと考えれば考えるほど、ドツボにはまる3人。同じ頃、真選組は伊東鴨太郎(三浦さん)の登場で、副長を巡って内紛に揺れていた。やがて将軍をも巻き込む陰謀へとつながり、銀時らも加わって大騒動に発展する……という展開。

写真を見る全 3 枚

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

PHOTO

このページのトップへ戻る