日野聡:「セーラームーンEternal」イベントでオネエ言葉 「夢はアーティスト!」

「美少女戦士セーラームーンEternal」のイベント「アマゾン・トリオナイト」に登場した日野聡さん
1 / 1
「美少女戦士セーラームーンEternal」のイベント「アマゾン・トリオナイト」に登場した日野聡さん

 武内直子さんの人気マンガが原作のアニメ「美少女戦士セーラームーン」シリーズの新作劇場版「美少女戦士セーラームーンEternal」(今千秋監督)前編の公開記念舞台あいさつが1月15日、東京都内で無観客で開催され、スーパーセーラームーン/月野うさぎ役の三石琴乃さん、敵のアマゾン・トリオのタイガーズ・アイ役の日野聡さんら声優陣が登場した。アマゾン・トリオはオネエ言葉を使うキャラクターで、日野さんは冒頭で「夢はアーティスト!」と役になりきってあいさつした。

 この日は「アマゾン・トリオナイト」と題して、日野さん、ホークス・アイ役の豊永利行さん、フィッシュ・アイ役の蒼井翔太さんのアマゾン・トリオのキャストが集結。劇中では相対するうさぎ役の三石さんを前に、日野さんが「ここに登壇させてもらっていいのか」と話すと、三石さんは力強く「いいのよ」とコメント。日野さんは「三石さんにそう言ってもらえると、勇気が出るわ。できるわ」といい、豊永さんは「私たち、頑張るわ」とオネエ言葉でトークした。

 日野さんはタイガーズ・アイの演技のこだわりを聞かれ、「テレビアニメシリーズの時に演じた先輩方のお芝居も参考にさせていただきつつ、セクシーかつ虎であるどう猛さとか熱さを意識して演じました」と話した。

 「美少女戦士セーラームーン」は、1991~97年に少女マンガ誌「なかよし」(講談社)で連載された人気マンガが原作で、テレビアニメも同期間に放送された。ドジで泣き虫な月野うさぎが、愛と正義の美少女戦士に変身し、仲間の戦士たちと活躍する姿が描かれている。

 劇場版アニメ「Eternal」は、「美少女戦士セーラームーンCrystal」の第4期「デッド・ムーン編」を前後編で描く。第3期「デス・バスターズ編」に引き続き、今千秋さんが監督を務め、「美少女戦士セーラームーン」「美少女戦士セーラームーンR」などのキャラクターデザイン、作画監督を担当してきた只野和子さんがキャラクターデザインを手がける。原作者の武内さんが監修する。前編が1月8日に公開された。後編が2月11日に公開される。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る