注目ドラマ紹介:「天国と地獄 ~サイコな2人~」綾瀬はるか「日曜劇場」初主演 高橋一生と魂が入れ替わり“殺人鬼”に 柄本佑らも出演

1月17日スタートの連続ドラマ「天国と地獄 ~サイコな2人~」第1話のワンシーン(C)TBS
1 / 10
1月17日スタートの連続ドラマ「天国と地獄 ~サイコな2人~」第1話のワンシーン(C)TBS

 女優の綾瀬はるかさん主演で、TBS系のドラマ枠「日曜劇場」(日曜午後9時)で放送される連続ドラマ「天国と地獄 ~サイコな2人~」(日曜午後9時)が1月17日に始まる。綾瀬さんの同枠初主演作で、刑事役に初挑戦する。

 ドラマは、綾瀬さん演じる、努力家で正義感が強いが慌てん坊な35歳の刑事・望月彩子が、高橋一生さんが演じるサイコパスな殺人鬼・日高陽斗(ひだか・はると)と魂が入れ替わってしまう……というストーリー。「世界の中心で、愛をさけぶ」「JIN‐仁‐」「義母と娘のブルース」(いずれもTBS系)など数々のヒットドラマを手掛けてきた脚本家の森下佳子さんのオリジナル。綾瀬さんと高橋さんが、男女、そして刑事と殺人鬼の“善と悪”が入れ替わった彩子と日高を演じ、綾瀬さんは男性らしく、高橋さんは女性らしい口調や仕草でキャラクターを表現する。

 彩子の家に居候中のフリーター、渡辺陸を柄本佑さん、彩子の先輩刑事の河原三雄は北村一輝さんが演じる。さらに、溝端淳平さん、中村ゆりさん、迫田孝也さん、林泰文さん、野間口徹さん、吉見一豊さん、馬場徹さん、谷恭輔さん、岸井ゆきのさん、木場勝己さんも出演する。

 第1話は25分拡大放送。ある日、遺体の口にパチンコ玉が詰められた猟奇的殺人事件が発生。駆け付けた彩子は、異様な光景である一方、掃除されたばかりのような清涼感がある現場に違和感を覚える。その後、彩子は同居人で清掃現場のアルバイト経験がある陸から、匂いのない業務用の特殊洗浄剤があると知る。彩子は、その洗浄剤の製造元の「コ・アース」社の社長・日高に会いに行く。

 彩子は、ベンチャー企業の敏腕経営者の日高が、裏で類いまれな頭脳と知識を駆使したサイコパスな殺人鬼だと知る由もなく……。

写真を見る全 10 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

PHOTO

このページのトップへ戻る