町田啓太:実写「西荻窪 三ツ星洋酒堂」で連ドラ初主演 美しき青年バーテンダーに

連続ドラマ「西荻窪 三ツ星洋酒堂」で主演を務める町田啓太さん(C)「西荻窪 三ツ星洋酒堂」製作委員会・MBS
1 / 4
連続ドラマ「西荻窪 三ツ星洋酒堂」で主演を務める町田啓太さん(C)「西荻窪 三ツ星洋酒堂」製作委員会・MBS

 「劇団EXILE」に所属する俳優の町田啓太さんが、2月11日スタートの連続ドラマ「西荻窪 三ツ星洋酒堂」(MBS)で連ドラ初主演を務めることが1月20日、分かった。人の気持ちを理解し、困っている人がいるとつい手助けしてしまう美しき青年バーテンダー・雨宮涼一朗を演じる。

 ドラマは、マンガ誌「ミステリーボニータ」(秋田書店)で2020年11月号から連載中の浅井西さんの同名マンガの実写化。東京・西荻窪の片隅にひっそりとたたずむ一軒のバー「三ツ星洋酒堂」を舞台に、人生のさまざまなことに思い悩む客が、バーテンダー・雨宮涼一朗が作るカクテルと、シェフが供する缶詰の料理、オーナーが醸し出すバーの雰囲気に包まれて、気がつけば少し前を向けるようになっている……という人間模様を描く。

 町田さんは「原作を拝読させていただいた時に、雨宿りのような物語だなと感じました。土砂降りの雨の中でもどこかでちょっと雨宿りすると、少しホッとする感覚があると思います。雨宿りに足を止めてみたときに出会った人たちと、どんな雨の中を歩んできたのか語り合い、気が付くと雨が上がり気持ちにも少し晴れ間が差して、またそれぞれ歩いていく……。そんな不思議と心が和らぐような作品を目指して励みたいと思います。皆さんも画面越しにはなりますが、ぜひ立ち寄ってみてください」とコメントを寄せた。

 原作者の浅井さんは「西荻窪は荻窪と吉祥寺の間にちょこんと挟まれた、小さいけれどこだわりの個人店がたくさんの大好きな街です。『西荻窪 三ツ星洋酒堂』はそんな西荻窪の古いバーを舞台に、おいしいお酒と缶詰のお料理に心を軽くしてもらう物語です。このマンガを連載する前に『いつかドラマになったら』なんて編集さんと話してましたが、本当に夢ってかなうんですね、すごい! とてもステキなキャスト様に演じていただき、どんなドラマに展開していただけるのか、楽しみでなりません」とコメントしている。

 MBSの「ドラマ特区」(毎週木曜深夜0時59分)枠で2月11日から放送。テレビ神奈川、テレ玉ほかでも放送される。主題歌は、ロックバンド「I Don’t Like Mondays.(アイ ドント ライク マンデイズ)」が歌う「ENTERTAINER」。

写真を見る全 4 枚

芸能 最新記事

MAiDiGiTV 動画

PHOTO

このページのトップへ戻る