オー!マイ・ボス!恋は別冊で:第2話視聴率11.3%で2桁維持 上白石萌音、キスマイ玉森に“SOS”

上白石萌音さん主演の連続ドラマ「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」第2話のワンシーン(C)TBS
1 / 1
上白石萌音さん主演の連続ドラマ「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」第2話のワンシーン(C)TBS

 女優の上白石萌音さん主演の連続ドラマ「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」(TBS系、火曜午後10時)の第2話が1月19日に放送され、平均視聴率(世帯)は11.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。前週第1話の11.4%(同)に続き、2桁を維持した。

 ドラマは、ファッション誌編集部を舞台に、地方育ちの平凡な主人公・鈴木奈未(上白石さん)が、鬼編集長・宝来麗子(菜々緒さん)の雑用係になったことから、仕事に、恋に全力で突っ走る“胸キュン”お仕事&ラブコメディー。

 第2話は、見合い話を断る口実として潤之介(玉森裕太さん)の彼女役を引き受けた奈未(上白石さん)は、潤之介から「姉ちゃんに会って」と頼まれる。しかし、姉として紹介されたのは鬼上司の宝来麗子(菜々緒さん)だった。翌日、「MIYAVI」の編集部では創刊号の企画会議が行われ、中沢涼太(間宮祥太朗さん)が提案したマンガ家とのコラボ企画が採用された。さらに編集長の麗子の発言で、人気マンガ家・荒染右京(花江夏樹さん)に企画を依頼することが決定する。

 何かをたくらんでいる様子の麗子は、前日についた“奈未のうそ”がきっかけで、奈未に荒染との交渉の席につくよう命令する。大役を押し付けられた奈未は、潤之介にSOSを求めるが……というストーリー。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

PHOTO

このページのトップへ戻る