江戸モアゼル:“蔵地”葉山奨之が“泉美”吉谷彩子とキス寸前 第3話“粋きゅん”カット公開

連続ドラマ「江戸モアゼル~令和で恋、いたしんす。~」第3話のワンシーン=読売テレビ提供
1 / 1
連続ドラマ「江戸モアゼル~令和で恋、いたしんす。~」第3話のワンシーン=読売テレビ提供

 女優の岡田結実さん主演の連続ドラマ「江戸モアゼル~令和で恋、いたしんす。~」(読売テレビ・日本テレビ系、木曜午後11時59分)の第3話(1月21日放送)の場面写真が公開された。岡田さん演じる主人公・仙夏とともに暮らす蔵地(葉山奨之さん)と、蔵地が思いを寄せる泉美(吉谷彩子さん)がキスをする寸前の様子が収められた“粋きゅん”カットとなっている。

 ドラマは、江戸キリエさんのマンガ「江戸モアゼル」が原作。野暮(やぼ)なこと、筋が通らないことを嫌い、客だろうがお大尽(だいじん)だろうがキッチリと言い負かす、気風(きっぷ)のいい愛すべき江戸の花魁(おいらん)・仙夏(岡田さん)が、現代に突然タイムスリップし、「コミュニケーション下手で、恋に奥手な令和男」を中心に恋の四角関係を繰り広げるという物語。

 第3話では、仙夏が、鳥居(前田公輝さん)とお試しで2週間だけ付き合うことになり、鳥居から渡されたスマホの使い方を覚えて動画投稿をするように。浮かれる仙夏に、蔵地はなんとなく気が気ではない様子。そんな中、動画クリエーターを名乗る姫子(長井短さん)という女性が仙夏を訪ねてきて、仙夏にコラボを持ち掛ける。仙夏のバイト先のカフェも繁盛させられると聞き、仙夏は姫子とコラボ動画を作ることに。仙夏と姫子のコラボ動画は大反響で、花魁キャラで大ブレークする仙夏だが、そこには大きな落とし穴が……という展開。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る