注目ドラマ紹介:「ドリームチーム」 山口紗弥加主演 “元バスケ女子”が人生の再出発目指す

NHK連続ドラマ「ドリームチーム」第1回場面写真 (C)NHK
1 / 5
NHK連続ドラマ「ドリームチーム」第1回場面写真 (C)NHK

 女優の山口紗弥加さん主演のNHK連続ドラマ「ドリームチーム」(総合、金曜午後10時)が1月22日にスタートする。2019年1月期に同じ「ドラマ10」枠で放送された「トクサツガガガ」のNHK名古屋放送局が制作し、財前直見さん、桜庭ななみさんらも出演。高校時代にバスケットボール部のキャプテンとして青春をかけた女性たちが逆境を乗り越え、新たな人生へと一歩踏み出していく姿を描く。山口さんは、ママ友から羨望の的だった“ステキ主婦”から“ふびんな妻”へ転落する主人公・榎木香菜を演じる。

 ドラマは、「ファーストラヴ」(同局)、「初めて恋をした日に読む話」(TBS系)などの吉澤智子さんが脚本を担当。山口さん演じる主人子の香菜は、最愛の娘、テレビコメンテーターとしても活躍する大学教授の夫と暮らし、ママ友からは羨望の的。しかし現実は、モラハラDVの夫に抑圧された生活をひた隠していた。ある日、夫が女子大生相手にセクハラ、アカハラをしていたことが週刊誌にすっぱ抜かれ、必死で繕ってきた自分、家庭、人生のすべてが壊れる。追い詰められた香菜は家を飛び出し、高校時代の女子バスケットボール部の寮に住みながら、“人生の再出発”を目指す……。

 財前さんが、大手広告代理店の総合職で、年下彼氏と人生をおう歌していた努力至上主義な“バリキャリ”鶴賀優子、桜庭さんが、実生活は地味な自分に反して、SNSの中でキラキラ女子を演じて「いいね」をもらうことが何よりの楽しみにしている三代澤茜を演じる。主題歌は椎名林檎さんがボーカルを務めるバンド「東京事変」の書き下ろし曲「闇なる白」。

 第1回は、旦那の不倫で“ステキ主婦”の仮面が剥がれた香菜(山口さん)。パワハラ疑惑で出世街道から転落した優子(財前さん)。SNS上でキラキラ女子を演じるがある日炎上した茜(桜庭さん)。世代も性格も違う3人の共通点は、同じ高校のバスケ部元キャプテン。顧問だった安東先生(伊武雅刀さん)をしのぶ会で、妻の佳恵(余貴美子さん)から「一緒に住まない」と誘われ、かつてのバスケ部寮で、不思議な共同生活を始めることに……というストーリー。

写真を見る全 5 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

PHOTO

このページのトップへ戻る