俺の家の話:“O・S・D”ロバート秋山登場に「めっちゃ笑った」 江口のりことの夫婦っぷりに“息子”道枝駿佑も話題

人気グループ「TOKIO」の長瀬智也さん主演の連続ドラマ「俺の家の話」の第1話のワンシーン(C)TBS
1 / 2
人気グループ「TOKIO」の長瀬智也さん主演の連続ドラマ「俺の家の話」の第1話のワンシーン(C)TBS

 人気グループ「TOKIO」の長瀬智也さん主演の連続ドラマ「俺の家の話」(TBS系、金曜午後10時)の第1話が、1月22日放送された。お笑いトリオ「ロバート」の秋山竜次さんが、観山寿一(長瀬さん)の妹・長田舞(江口のりこさん)の夫「O・S・D」役で登場。視聴者からは、「『俺の家の話』面白い! 秋山のシーンめっちゃ笑った」「秋山が出てきた瞬間吹き出した」などの声が上がった。

 「俺の家の話」は、宮藤官九郎さんが脚本を担当。現役プロレスラーの観山寿一(長瀬さん)と謎の女性介護ヘルパー・志田さくら(戸田恵梨香さん)が、能楽の人間国宝で主人公の父・観山寿三郎(西田敏行さん)の介護と遺産相続を巡って激しいバトルのゴングを鳴らす……という展開。

 第1話では、20年以上前に家を出て、今はベテランプロレスラーとなった寿一の元に、重要無形文化財「能楽」の保持者である父・寿三郎危篤の知らせが飛び込んでくる。急いで病院に駆け込んだ寿一は、久しぶりに会った弟の踊介(永山絢斗さん)と妹の舞(江口のりこさん)から、一昨年に寿三郎が脳梗塞で倒れたことを聞かされる。

 別れのあいさつは2年前に済ませたと、遺産や相続の話を始める弟妹に激高する寿一。そして寿一は、二十八世観山流宗家を継承すべく、プロレスラーを引退することを決めるのだった。そんな中、寿三郎は退院。一門の幹部、家族を前に、デイケアサービスで寿三郎の担当ヘルパーだった志田さくらと結婚すると言い出す。あっけにとられる寿一ら家族をよそに、自身の余命とすべての遺産をさくらに相続すると告げ……という内容だった。

 秋山さんが演じる「O・S・D」は、自称ラッパーで、東京都内で4軒のラーメン屋を経営しているという設定。息子・長田大州は、関西ジャニーズJr.の人気グループ「なにわ男子」の道枝駿佑さんが演じている。

 「O・S・D」が、寿一と対面する場面では、「はじめまして。自分、O・S・Dっす」と自己紹介。「週6で厨房立ってますんで」と説明すると、江口さん演じる舞が、「もうラーメン屋じゃんって思うよね? でもラッパー(笑い)。そこが好き!」と話す展開も。

 SNSでは、「ロバート秋山さんで笑った」「江口のりこさんが最高」「秋山さんと江口さんの息子がみっちーていうキャスティングも絶妙」「江口のりことロバート秋山から道枝駿佑がうまれる世界線……つまりは『俺の家の話』最高ってことです」などの声が上がり、話題となっていた。

写真を見る全 2 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る