乃木坂46:櫻坂46、日向坂46がドラマ初共演 齊藤京子「思い出作りたい」 「ボーダレス」3月配信

オリジナルドラマ「ボーダレス」の記者発表会に登場した(左から)櫻坂46の渡邉理佐さん、日向坂46の齊藤京子さん、櫻坂46の森田ひかるさん、日向坂46の濱岸ひよりさん 乃木坂46LLC /Seed & Flower LLC.
1 / 23
オリジナルドラマ「ボーダレス」の記者発表会に登場した(左から)櫻坂46の渡邉理佐さん、日向坂46の齊藤京子さん、櫻坂46の森田ひかるさん、日向坂46の濱岸ひよりさん 乃木坂46LLC /Seed & Flower LLC.

 アイドルグループ「乃木坂46」「櫻坂46」「日向坂46」のメンバーが出演する映像配信サービス「ひかりTV」のオリジナルドラマ「ボーダレス」が配信されることが1月29日、分かった。“坂道3グループ”がドラマで共演するのは初めて。

 同日、行われたオンライン記者発表会には、櫻坂46の森田ひかるさんと渡邉理佐さん、日向坂46の齊藤京子さんと濱岸ひよりさんが登場。リモートで櫻坂46の小林由依さん、乃木坂46の早川聖来さんと遠藤さくらさんが参加した。

 ドラマは小説家の誉田哲也さんの同名小説が原作。連続ドラマ「コンフィデンスマンJP」(フジテレビ系)シリーズなどの金井紘さんが総合演出を務める。「普通の女子高生と教室の片隅で小説を書いている少女との邂逅(かいこう)」「事件に巻き込まれ、森の中を逃げる失明した妹と気遣う姉」「音大入試に失敗し、家業の喫茶店を手伝う姉とそれに反発する妹」「堅牢な屋敷のバルコニーにたたずむ謎の少女が眺めるて庭門の先にあるもの」という、「高校パート」「逃亡パート」「喫茶店パート」「屋敷パート」の四つの平行した物語が次第に結びついていく……という展開。

 高校パートの平凡な日々を過ごす女子高生・森奈緒は森田さん、ひそかに小説を書く女子高生・片山希莉は齊藤さん、逃亡パートの姉・八辻芭留は渡邉さん、事故で失明した妹・八辻圭は濱岸さん、喫茶店パートの姉・市原琴音は小林さん、妹の市原叶音は早川さん、屋敷パートの屋敷に閉じこもる謎の少女は遠藤さんが、それぞれ演じる。3月に配信予定。

 発表会で、“坂道3グループ”がドラマで初めて共演することについて、齊藤さんは「同じ坂道グループでも、なかなかお会いできない皆さんなので、今回をご一緒させていただけるのがうれしい」と喜びながら「エピソードトークができるぐらい思い出を作りたい」と笑顔を見せた。森田さんは「それぞれグループの雰囲気が違う。櫻坂のカラーを出したいし、ほかのグループのカラーを吸収したい」と意気込みを語っていた。

 リモートで参加した乃木坂46の遠藤さんが、ドラマや映画に出演経験がある櫻坂46の小林さんに「カメラの前で緊張しない方法はありますか」と質問し、小林さんは「私も緊張するタイプだけど、(撮影の前に)スタッフさんと話をして緊張感をほぐしています」とアドバイスした。

 「ボーダレス」は3月から「ひかりTV」と動画配信サービス「dTVチャンネル」で配信される。

写真を見る全 23 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

PHOTO

このページのトップへ戻る