名探偵コナン:再起動される“神回”は「ピアノソナタ『月光』殺人事件」 世界的ピアニスト小林愛実が「月光」演奏

「名探偵コナン」のプロジェクト「再起動される神回を当てろ!」でリブートされる「ピアノソナタ『月光』殺人事件」のビジュアル(C)青山剛昌/小学館・読売テレビ・TMS 1996
1 / 2
「名探偵コナン」のプロジェクト「再起動される神回を当てろ!」でリブートされる「ピアノソナタ『月光』殺人事件」のビジュアル(C)青山剛昌/小学館・読売テレビ・TMS 1996

 テレビアニメ「名探偵コナン」が、3月6日の放送で1000回を迎えることを記念したプロジェクト第1弾「再起動(リブート)される神回を当てろ!」で、リブートされる神回が、1996年4月8日に放送された第11話「ピアノソナタ『月光』殺人事件」となることが明らかになった。最新のスタッフ、技術で新たに制作される“伝説の神回”をファンが予想する企画で、SNS上では、さまざまな予想が上がり、話題となっていた。リブートされた「ピアノソナタ『月光』殺人事件」は、3月6、13日に前後編に分けて放送される。歌手の倉木麻衣さんが、3月6日放送回から新たなオープニングテーマ「ZEROからハジメテ」を担当することも発表された。

 「ピアノソナタ『月光』殺人事件」は、1996年4月8日に1時間スペシャルとして放送。ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン作曲のピアノソナタ第14番「月光」(月光ソナタ)にまつわる事件が描かれた。コナンが最初で最後、犯人を推理で追い詰め、死なせてしまった悲しいエピソードであり、これ以降、コナンは「たとえ犯人であっても、死なせてはいけない」と心に決める。重要なエピソードとしてファンの間でも語り継がれている。

 リブート版では、世界的に活躍するピアニストの小林愛実さんが、劇中の「月光」を演奏する。放送前には、視聴者参加型のYouTube企画として、「#コナン月光チャレンジ」が始動することも発表された。詳細は公式サイトで公開される。

 「名探偵コナン」は、青山剛昌さんがマンガ誌「週刊少年サンデー」(小学館)で連載している人気マンガ。小学生探偵の江戸川コナンが、次々と起こる難事件を解決する姿を描く。テレビアニメは、1996年1月8日にスタートした。

 ◇米倉功人プロデューサーのコメント

 「名探偵コナン」に関わる一人の人間として、伝説の神回の「再起動」に携われたことを幸せに感じます。おそらく関係者全員、声にはしませんがそのように思っています。「名探偵コナン」を応援いただいている全ての方々と共に、新たな神回が生まれる歴史的瞬間をご一緒できればと思います。

写真を見る全 2 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る