中村倫也:北川景子の“断髪”シーンに自信 「日本映画史に残る……」

映画「ファーストラヴ」の公開直前イベントに登場した北川景子さん(左)と中村倫也さん
1 / 8
映画「ファーストラヴ」の公開直前イベントに登場した北川景子さん(左)と中村倫也さん

 俳優の中村倫也さんが2月2日、神田明神(東京都千代田区)で行われた映画「ファーストラヴ」(堤幸彦監督、2月11日公開)の公開直前イベントに主演の北川景子さんと登場。映画で、北川さん演じる主人公・真壁由紀の義理の弟でともに事件に迫る敏腕弁護士・庵野迦葉役を演じる中村さんは、今作の“イチオシ”シーンを聞かれ、中村さんが北川さんの髪を切るシーンと明かし、「さわやかで甘酸っぱいんだけど、なんか官能的なんですよね。日本映画史に残る名シーンになったんじゃないかなと……というのは言い過ぎですけど(笑い)」と冗談めかしつつ、自信をみせていた。
 
 中村さんが同シーンについて「とてもいいシーンができたなと思います」と手ごたえを明かすと、北川さんも笑みを浮かべて同シーンを回顧。「お腹ぐらいまである髪を……(切った)。一回しかできなかったんです。ウイッグなんですけど、1個しかないから。一発勝負という感じでした」と振り返っていた。

 公開を目前にし、主演を務めた北川さんは「個人的なことを言うと、久しぶりに主演させていただいた作品ですし、初めて堤監督とご一緒したり、共演の方々も中村さん、窪塚洋介さんと、初めての方とがっつりやらせていただいたり……いろんなことが刺激的で新鮮な作品でした」と感慨深い表情でコメント。中村さんは「見る方の心がじんわり温まるんじゃないかなと思っているので、早く見ていただいて、じんわりしたものを持ち帰っていただけたらと思います」と語っていた。

 映画は「第159回直木賞」を受賞した島本理生さんの同名小説(文藝春秋)が原作。聖山環菜(芳根京子さん)が起こした事件を取材する公認心理師の真壁由紀(北川さん)は、夫・真壁我聞(窪塚さん)の弟で弁護士の庵野迦葉(中村さん)とともに環菜の動機を探っていく。二転三転する供述によって真実がゆがめられる中で、由紀は環菜にどこか過去の自分と似た「何か」を感じ始めていた。そして自分の過去を知る迦葉と、環菜の過去をきっかけに、由紀は心の奥底に隠したはずのある記憶と向き合うことになる……というストーリー。

写真を見る全 8 枚

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る