上白石萌音:「ボス恋」ラストでキスマイ玉森と“瞳の会話” 「すごい」「最高に可愛かった」と注目

連続ドラマ「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」の第4話のワンシーン(C)TBS
1 / 2
連続ドラマ「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」の第4話のワンシーン(C)TBS

 女優の上白石萌音さん主演の連続ドラマ「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」(TBS系、火曜午後10時)の第4話が、2月2日に放送された。ラストでは、上白石さん演じる奈未と、人気グループ「Kis-My-Ft2(キスマイフットツー)」の玉森裕太さん演じる潤之介のキスシーンが登場。視聴者からは、「2人の瞳の会話で心臓持っていかれる」「こんなにきれいなキスシーンって存在する?」「瞳の演技すごい。萌音ちゃんも玉森くんもすごすぎて言葉にならぬ」といった声が上がるなど、注目を集めた。

 ドラマは、ファッション誌編集部を舞台に、地方育ちの平凡な主人公・鈴木奈未(上白石さん)が、鬼編集長・宝来麗子(菜々緒さん)の雑用係になったことから、仕事に、恋に全力で突っ走る“胸キュン”お仕事&ラブコメディー。

 第4話では、ついにファッション誌「MIYAVI」の創刊号が発売された。改めて同誌のページを開いた奈未は、その中の洗練されたモデルたちに比べ、ファッション業界の最先端で働いているのに最先端とは程遠い自身の姿を痛感する。オシャレに目覚める奈未だが、そのセンスのなさに編集長の宝来麗子からはあきれられてしまう。その様子を見かねた同僚たちは、ブランドのレセプションパーティーに奈未を同行させることに……という内容だった。

 ラストでは、雨が降る中、傘もささずに、約束の場所で奈未のことを待ち続けていた潤之介の姿が描かれた。約束の時間は過ぎていたが、潤之介は「来てくれてありがとう」と話す。そんな潤之介を見つめた奈未は、思わず潤之介にキス。今度は潤之介が優しくキスをして……というシーンだった。

 ツイッターでは、ハッシュタグ「#ボス恋」がトレンド2位となるなど盛り上がりを見せた。SNSでは、「奈未ちゃんから潤之介くんへ。潤之介くんからのキス。きゅんきゅんでした」「キス直前から会話がないのに、2人の目と表情で2人の心情が掴めるのほんとすごいと思った!」「愛おしくて仕方なさそうなお互いの表情」などの反響が続々と上がっていた。

写真を見る全 2 枚

テレビ 最新記事