山崎賢人:清原果耶とのピュアな恋愛ものに「恥ずかしかった」と照れ笑い 主演映画「夏への扉」完成報告イベント

映画「夏への扉 -キミのいる未来へ-」の完成報告会イベントに登場した山崎賢人さん
1 / 9
映画「夏への扉 -キミのいる未来へ-」の完成報告会イベントに登場した山崎賢人さん

 俳優の山崎賢人さんが2月13日、東京都内で行われた主演映画「夏への扉 -キミのいる未来へ-」(三木孝浩監督)の完成報告会イベントに共演の清原果耶さんらと登場。主人公・高倉宗一郎を演じる山崎さんは、清原さん演じる璃子との時を超えた純愛が描かれる今作について「久々に、純愛でピュアな恋愛をやらせていただいて。やっているときもそうだったんですけど、完成した作品を見て、ちょっと恥ずかしかった(笑い)」と照れ笑い。「ピュアな恋愛ものは結構やってきたはずなのに、『恥ずかしい』という気持ちが(あった)。いい意味ですごく恥ずかしかったのが、久々の感覚だった」と明かした。

 山崎さんは演じた宗一郎と璃子の関係について「家族としての愛、恋人としての愛、友達としての愛、いろいろあると思うけど、どんな形でも愛がずっと続いていく、というのはすてきだな、と思いました」と思いを吐露。清原さんは「璃子も宗一郎も穢(けが)れがないというか、ただ純粋な思いに突き動かされている人間なので、やりがいがあって楽しかったです。『ピュアだな』と思いながら作品を見られました」と振り返っていた。

 イベント終盤では、映画の内容にちなんで、それぞれの「あきらめない」ことを発表するトークもあり、山崎さんは「どんな状況でも、(撮影で)オッケーがでるまではあきらめない。自分が100%うまくできた、と思ってもオッケーにならないときにくじけそうになるんですけど、そこは総合芸術だと考えて、あきらめない、というのは信念を持ってやっています」と現場での思いを明かしていた。

 映画は、1956年にアメリカで発表された、ロバート・A・ハインラインの名作タイムトラベル小説が原作。1995年の東京で、科学者の高倉宗一郎(山崎さん)は、信頼していた共同経営者と婚約者に裏切られ、冷凍睡眠させられてしまう。2025年の東京で目を覚ました宗一郎は、変えられた運命を取り戻すため、30年の時を超えてリベンジを誓う……というストーリー。近日公開予定。イベントには、藤木直人さん、三木監督も出席した。

 ※山崎賢人さんの「崎」は立つ崎(たつさき)

写真を見る全 9 枚

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る