宇野祥平:小栗旬と星野源に感謝 映画「罪の声」で毎日映コン男優助演賞

「第75回毎日映画コンクール」で男優助演賞を受賞した宇野祥平さん
1 / 4
「第75回毎日映画コンクール」で男優助演賞を受賞した宇野祥平さん

 「第75回毎日映画コンクール」(毎日新聞社、スポーツニッポン新聞社主催)の表彰式が2月17日、めぐろパーシモンホール(東京都目黒区)で開催され、映画「罪の声」(土井裕泰監督)で男優助演賞を受賞した宇野祥平さんが登壇。宇野さんは、同作で共演した俳優の小栗旬さんと星野源さん、スタッフ、観客に感謝の思いを伝え「いろいろな方々のおかげで、その出会いに助けられて、(自身が演じた)聡一郎という人物を作ってこれました」と話した。

 同作は、18万部を超える塩田武士さんの同名ベストセラー小説が原作。ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」「アンナチュラル」などの野木亜紀子さんが脚本を手がけた。平成も終わりを告げようとするとき、昭和最大の未解決事件に翻弄(ほんろう)される2人の男の姿を描いた。宇野さんは子どもの頃、自身の声が犯罪に使用されてしまった生島聡一郎を演じた。

 小栗さん、星野さんとの共演について、宇野さんは「ものすごく聡一郎ともども、デリケートに接してくれたのですごくやりやすかったといいますか、出会いのシーンからお会いしたのですが、すっと入っていける気がしました」と語っていた。

 「毎日映画コンクール」は、日本で最も長い歴史を持つ映画コンクールの一つ。今年は長澤まさみさん主演の「MOTHER マザー」(大森立嗣監督)が「日本映画大賞」に選出されたほか、主演した森山未來さんが男優主演賞を受賞した「アンダードッグ」(武正晴監督)が日本映画優秀賞、撮影賞、録音賞も受賞して最多4冠を達成した。

 表彰式には、森山さん、「喜劇 愛妻物語」(足立紳監督)で女優主演賞を受賞した水川あさみさん、「朝が来る」(河瀬直美監督)で女優助演賞を受賞した蒔田彩珠さんらも登壇した。

 ◇「第75回毎日映画コンクール」の受賞作品(受賞者)は以下の通り。(敬称略)

 日本映画大賞:「MOTHER マザー」(大森立嗣監督)▽日本映画優秀賞:「アンダードッグ」(武正晴監督)▽外国映画ベストワン賞:「パラサイト 半地下の家族」(ポン・ジュノ監督)

 男優主演賞:森山未來「アンダードッグ」▽女優主演賞:水川あさみ「喜劇 愛妻物語」▽男優助演賞:宇野祥平「罪の声」▽女優助演賞:蒔田彩珠「朝が来る」▽スポニチグランプリ新人賞(男性):上村侑「許された子どもたち」▽スポニチグランプリ新人賞(女性):佳山明「37 セカンズ」

 監督賞:河瀬直美「朝が来る」▽脚本賞:丸山昇一「一度も撃ってません」▽撮影賞:西村博光「アンダードッグ」▽美術賞:磯見俊裕、露木恵美子「ばるぼら」▽音楽賞:渋谷慶一郎「ミッドナイトスワン」▽録音賞:藤丸和徳、瀬川徹夫「アンダードッグ」

 アニメーション映画賞:「魔女見習いをさがして」(佐藤順一、鎌谷悠監督)▽大藤信郎賞:「音楽」(岩井澤健治監督)▽ドキュメンタリー映画賞:「れいわ一揆」(原一男監督)▽TSUTAYA プレミアム映画ファン賞・日本映画部門:「ミッドナイトスワン」▽TSUTAYA プレミアム映画ファン賞・外国映画部門:「TENET テネット」▽田中絹代賞:梶芽衣子▽特別賞:大林恭子(映画プロデューサー)

写真を見る全 4 枚

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

PHOTO

このページのトップへ戻る