探偵!ナイトスクープ:1匹100万円の寄生虫「ギニアワーム」を取り返したい 33年前のレトルトカレーは食べられる?

2月19日放送の「探偵!ナイトスクープ」の一場面(C)ABC
1 / 1
2月19日放送の「探偵!ナイトスクープ」の一場面(C)ABC

 お笑いコンビ「ダウンタウン」の松本人志さんが局長を務める人気バラエティー番組「探偵!ナイトスクープ」(ABC、金曜午後11時17分)。2月19日の放送は、澤部佑探偵が「寄生虫『ギニアワーム』を返せ!」、たむらけんじ探偵が「オナラを自由自在に出す中学生」、橋本直探偵が「33年前のレトルトカレー!?」を調査する。

 「寄生虫『ギニアワーム』を返せ!」は、1997年から10年ほど青年海外協力隊としてアフリカで活動していた、大阪府の女性(45)から。当時、アフリカではギニアワーム感染症という疫病が蔓延しており、女性は治療サポートとして携わっていた。帰国時、ギニアワームを400匹ほど日本に持ち帰ったが、「ギニアワームをおすそ分けしてほしい!」と連絡があり、26人に送った。そのギニアワームは現在、絶滅寸前で、もったいないことをしてしまったと後悔している。1匹でも返してほしいので、力を貸してほしい、という依頼。寄生虫は現在、1匹100万円はするという。

 「オナラを自由自在に出す中学生」は、兵庫県の中学1年生の男子(13)からの依頼。自由自在にオナラを出せる特技があり、お尻から空気を吸い込み、それをオナラとして出すことができる。この特技を使って、すごいオナラの技ができるよう手伝ってもらえないだろうか、というもの。助っ人としてオナラ芸人が登場し、高い難易度の芸を披露するが……。

 「33年前のレトルトカレー!?」は、建設業を営んでいる奈良県の男性(53)から。仕事現場で土を掘っていたところ、33年前のレトルトカレーが出てきた。昭和、平成、令和を土の中で過ごしてきたレトルトカレー。パッケージに傷みはなく食べられそうなので、男性の代わりに食べてほしい……という内容。ほぼ完璧な保存状態だが、食べることはできるのか。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る