セーラームーン:“史上最高に格好いい”タキシード仮面 劇場版「Eternal」後編 うさぎと衛のSP映像

「美少女戦士セーラームーンEternal」後編の一場面(C)武内直子・PNP/劇場版「美少女戦士セーラームーンEternal」製作委員会
1 / 1
「美少女戦士セーラームーンEternal」後編の一場面(C)武内直子・PNP/劇場版「美少女戦士セーラームーンEternal」製作委員会

 武内直子さんの人気マンガが原作のアニメ「美少女戦士セーラームーン」シリーズの新作劇場版「美少女戦士セーラームーンEternal」の後編のスペシャル映像が2月22日、YouTubeで公開された。スーパーセーラームーン/月野うさぎと、タキシード仮面/地場衛の名シーンを収めた映像で、うさぎ役の三石琴乃さんが「タキイチ」(=タキシード仮面史上一番格好いいシーン)と絶賛した場面が描かれている。

 スペシャル映像は、うさぎが絶体絶命のピンチに陥った時、タキシード仮面の胸の中にあるゴールデン・クリスタルが輝き出すシーンから始まる。敵の悪夢にのまれそうになったうさぎを、タキシード仮面が「俺たちがこの地球を守るんだ」と力強く励ます。ゴールデン・クリスタルと、セーラー戦士たちの聖杯の力により、うさぎがエターナルセーラームーンへ変身する様子が描かれている。

 「美少女戦士セーラームーン」は、1991~97年に少女マンガ誌「なかよし」(講談社)で連載された人気マンガが原作で、テレビアニメも同期間に放送された。ドジで泣き虫な月野うさぎが、愛と正義の美少女戦士に変身し、仲間の戦士たちと活躍する姿が描かれている。

 劇場版アニメ「Eternal」は、第4期「デッド・ムーン編」を前後編で描く。第3期「デス・バスターズ編」に引き続き、今千秋さんが監督を務め、「美少女戦士セーラームーン」「美少女戦士セーラームーンR」などのキャラクターデザイン、作画監督を担当してきた只野和子さんがキャラクターデザインを手がける。原作者の武内さんが監修する。前編が1月8日に公開され、後編が2月11日に公開された。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

PHOTO

このページのトップへ戻る