甘神さんちの縁結び:「マガジン」史上最速で連載化 4月21日スタート 「五等分の花嫁」“陰の立役者”のラブコメ

「週刊少年マガジン」第21号で連載をスタートする「甘神さんちの縁結び」
1 / 3
「週刊少年マガジン」第21号で連載をスタートする「甘神さんちの縁結び」

 昨年12月にマンガ誌「週刊少年マガジン」(講談社)に掲載された内藤マーシーさんの読み切りマンガ「甘神さんちの縁結び」が、4月21日発売の同誌第21号から連載されることが分かった。読み切りが掲載されると、SNSで「絵が可愛い!」「キャラクターが最高!」と話題になり、読者アンケートが好評だったことを受けて、同誌史上最速で連載化されることになった。

 内藤さんは「読み切りで応援してくださった皆様、ご声援本当にありがとうございました。読み切りがまだ記憶に新しい中、こうしてまたすぐに連載として戻ってこれることに喜びと感謝が尽きません。そしてこれが初連載! 『甘神さんちの三姉妹』共々、よろしくお願いいたします!」と話している。 

 作者の内藤マーシーさんは、「五等分の花嫁」の春場ねぎさんのアシスタントを務めた“陰の立役者”の一人で、春場さんは「その画力でご姉妹のマンガを手伝ってくださった内藤さん!! まさかこんなに可愛い三姉妹を胸に秘めていたとは! たくさんの人に読んでいただけるように僕も神社でお祈りします!」とコメント。

 同誌の編集長は「新人マンガ家さんとは思えない異例の大反響で驚きました。文句なしの連載決定です。大期待の新連載、ぜひぜひよろしくお願いします!」と期待を寄せている。

 「甘神さんちの縁結び」は、受験生の主人公が、京都の神社に居候することになり、神社で三姉妹と新生活を送ることになる……というラブコメディーマンガ。同作の公式ツイッターでは、内藤さんの色紙が当たるキャンペーンも実施している。

写真を見る全 3 枚

マンガ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る