藤間爽子:三代目藤間紫を継承 「私の色を加えていけたら」

三代目藤間紫の継承式と会見に出席した藤間爽子さん
1 / 7
三代目藤間紫の継承式と会見に出席した藤間爽子さん

 女優で日本舞踊家の藤間爽子(ふじま・さわこ)さんが2月28日、日枝神社(東京都千代田区)で行われた紫派藤間流の三代目藤間紫継承式とその後に行われた会見に登場した。三代目を襲名し、紫派藤間流の家元となった爽子さんは、会見で「どの芸能の世界も正解がない世界。いろいろと遠回りすることもあるかと思うけど、まずは(初代の)祖母が作ってきた“紫”という色を壊すことなく、さらに私の色を加えていけたらなと思います」と意気込みを語った。

 藤間さんは1994年8月3日生まれ、東京都出身。女優と日本舞踊家として舞台や映像を中心に活動している。2017年に放送されたNHKの連続テレビ小説(朝ドラ)「ひよっこ」で若い頃の立花富役を演じたほか、2月27日に前編が放送された広瀬すずさん主演のWOWOWのドラマ「ドラマWスペシャル あんのリリック-桜木杏、俳句はじめてみました-」に、主人公と同じ寮に住むクルミ役で出演している。

 紫派藤間流は、日本舞踊の流派の一つである藤間流の流れをくむ流派で、1987年(昭和62年)に爽子さんの祖母の初代藤間紫が創流。二代目を歌舞伎俳優の二代目市川猿翁さんが務め、爽子さんが三代目家元として藤間紫を襲名した。爽子さんは今後は日本舞踊では「藤間紫」、女優としては「藤間爽子」を名乗って活動する。

 爽子さんは、舞踊と芝居についての考えを聞かれると、「舞踊も芝居も、心で感じたものを踊りで表現したり言葉で表現したりするもの。心で感じて心を動かして表現するのは、お芝居でも踊りでもバレエでも、いろんな芸能に共通することだと思っています。いろんなことを敏感に繊細に受け取る心が自分の中にあればいいなと思います」と説明。また、女優業と日本舞踊での目標については「日本舞踊ができるから表現できる女優の表現だったり、女優をやっているから日本舞踊で生かせる表現だったりがきっとあるはず。そういうところで(それぞれを)生かせるような舞踊家、女優になっていきたい」と語った。

 会見には爽子さんの兄の藤間貴彦さんも出席。貴彦さんはこの日の継承式で、二代目藤間紫の市川猿翁さんが命名した初代藤間翔(ふじま・かける)に改名。貴彦さんは「目標は市川猿翁さん。足元にも及ばないですけど、猿翁さんのように、天翔ける舞踊家になっていきたいなと思っております」と意気込みを語った。

写真を見る全 7 枚

芸能 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る