アノニマス~警視庁“指殺人”対策室~:第6話 “万丞”香取慎吾と“アノニマス”の繋がりが噂に? 中傷被害者の監禁事件も発生

連続ドラマ「アノニマス~警視庁“指殺人”対策室~」第6話のワンシーン (C)「アノニマス」制作委員会
1 / 10
連続ドラマ「アノニマス~警視庁“指殺人”対策室~」第6話のワンシーン (C)「アノニマス」制作委員会

 香取慎吾さん主演の連続ドラマ「アノニマス~警視庁“指殺人”対策室~」(テレビ東京系、月曜午後10時)第6話が3月1日に放送される。警察しか知り得ない情報を拡散する“アノニマス”が、「指対」の誰かと繋がっているのではないかという噂が警察内で広まり、中でも万丞(香取さん)が疑われる……。

 そんな中、専門学校生の末松香(川島鈴遥さん)が指対に相談に訪れる。恋人の椚総一郎(田中偉登さん)への中傷で悩んでいるという。だが、その相談の最中、総一郎が監禁される事件が起こってしまう。

 ドラマは、警視庁が試験的に新設した対策室「警視庁指殺人対策室」、通称「指対(ゆびたい)」を舞台に、万丞らクセモノばかりのメンバーたちが、顔の見えない犯罪者=アノニマスを見つけ出し、指殺人に苦しむ人々の事件を解決に導いていく……というストーリー。

写真を見る全 10 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る