とげとげ:「ジャンプ+」話題作のコミックス第1巻発売 格差社会正すため“人間退治”

「とげとげ」のコミックス第1巻のカバー(C)土田健太/集英社
1 / 4
「とげとげ」のコミックス第1巻のカバー(C)土田健太/集英社

 集英社のマンガアプリ「少年ジャンプ+(プラス)」で連載中の土田健太さんのマンガ「とげとげ」のコミックス第1巻が、3月4日に発売された。同作は弱肉強食の現代社会を地獄と表現し、主人公の少年が格差社会を正すために“人間退治”をする異色のバトルマンガ。2020年12月に連載がスタートし、回を重ねるごとに「すごく面白い」「心が洗われるよう」「主人公が優しいマンガ」と支持を集めているという。第1巻発売を記念し、土田さんの描き下ろしイラストが公開された。

 「とげとげ」は、「LOCK ON!」「マイアニマル」などの土田さんのマンガ。主人公の高校生・藍馬純緒(あいば・すみお)が、目に見えない生命力の象徴である角(つの)を巡る戦いに身を投じることになる。難病で余命幾ばくもない純緒は、幼い頃から自分の頭に生えているヒビ割れた角が見えていたが、鬼の少女・エネミーと出会い、社会では角を折るか折られるかの見えない戦いが繰り広げられていると知らされる。純緒は、悪人が角を溜め込む格差社会を正すため人間退治をする……というストーリー。

 ◇編集担当のコメント

 この作品は冒頭から現代社会を「地獄」と表現することから始まります。勝者と敗者、「角」を折る者と折られる者の格差が広がる世界観には、多くの人が感じたことがあるだろう劣等感、現実での苦しみが重なります。人間退治を課された穏やかな少年が何を見つけるのか。「本当の優しさ」とは何か。読者の皆さんも探しながら楽しんでください!

写真を見る全 4 枚

マンガ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る