半妖の夜叉姫:第22話「奪われた封印」 せつな暴走 弥勒の子・金烏、翡翠も戦場へ

「半妖の夜叉姫」の第22話「奪われた封印」の一場面(C)高橋留美子/小学館・読売テレビ・サンライズ 2020
1 / 4
「半妖の夜叉姫」の第22話「奪われた封印」の一場面(C)高橋留美子/小学館・読売テレビ・サンライズ 2020

 高橋留美子さんの人気マンガ「犬夜叉」の殺生丸、犬夜叉の娘たちが活躍するテレビアニメ「半妖の夜叉姫」(読売テレビ・日本テレビ系、土曜午後5時半)第22話「奪われた封印」が、3月6日に放送される。

 麒麟丸を脅かす半妖の娘たちを憎む是露(ぜろ)は、とわを操り、弥勒が施したせつなの封印を解いてしまう。とわは、妖怪の血にあらがえず暴走するせつなの妖力を吸い取ろうとするがうまくいかない。

 もろはは国崩しの紅夜叉となって対抗するが、妖怪化したせつなの強さに苦戦する。弥勒の娘で法力にたけた金烏は、せつなを助けるよう命じられ、弟の翡翠と共に戦場に駆けつける。とわは、せつなの懐に飛び込みその動きを止めようと試みる。

 「半妖の夜叉姫」は、妖怪と人間の血を引く少女3人をメインキャラクターとした物語。殺生丸の娘・とわとせつな、かごめと犬夜叉の娘・もろはが、現代、戦国時代の時を超えて縦横無尽に暴れ回る姿を描く。

写真を見る全 4 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る