君と世界が終わる日に:第8話視聴率7.1% 竹内涼真&飯豊まりえ、中条あやみ&笠松将の恋が交錯

連続ドラマ「君と世界が終わる日に」第8話のワンシーン=日本テレビ提供
1 / 1
連続ドラマ「君と世界が終わる日に」第8話のワンシーン=日本テレビ提供

 俳優の竹内涼真さん主演の連続ドラマ「君と世界が終わる日に」(日本テレビ系、日曜午後10時半)第8話が3月7日に放送され、平均視聴率(世帯)は7.1%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)だった。

 ドラマは、“生ける屍(しかばね)=ゴーレム”が出現した終末世界を舞台に描くサバイバルラブストーリー。

 第8話では、響(竹内さん)は、ミンジュン(キム・ジェヒョンさんん)がゴーレムに噛(か)まれたのは駐屯地にいた“女”のせいだと知り、その正体が来美(中条あやみさん)だとは知らずに、憎しみを募らせる。

 一方、来美は、首藤(滝藤賢一さん)が行う臨床実験をさらに進めていた。そんな中、傷ついた来美に等々力(笠松将さん)が、怒りに心を支配された響に佳奈恵(飯豊まりえさん)が、切ない思いを抱きながら距離を縮めていく……という展開だった。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る