君と世界が終わる日に:瀕死の“来美”中条あやみ、弓構える“佳奈恵”飯豊まりえ 第9話場面写真公開

連続ドラマ「君と世界が終わる日に」第9話のワンシーン=日本テレビ提供
1 / 4
連続ドラマ「君と世界が終わる日に」第9話のワンシーン=日本テレビ提供

 俳優の竹内涼真さん主演の連続ドラマ「君と世界が終わる日に」(日本テレビ系、日曜午後10時半)第9話(3月14日放送)の新たな場面写真が公開された。瀕死の来美(中条あやみさん)が人工呼吸器に繋がれている様子や、佳奈恵(飯豊まりえさん)が弓を構えている様子などが写し出されている。

 ドラマは、日本テレビと動画配信サービス「Hulu(フールー)」の共同制作。響(竹内涼真さん)は、高校時代からの恋人・来美へのプロポーズの準備をしていた日、トンネル崩落事故に巻き込まれる。閉じ込められて4日後、命からがら脱出すると、世界は一変し、ゾンビが出現する終末世界と化していた……という物語。

 第9話では、島の施設の前では、甲本(マキタスポーツさん)と佳奈恵が、等々力(笠松将さん)を人質に自衛隊と対峙(たいじ)していた。一触即発の状況の中、一刻を争う状態の来美が施設に運び込まれる。一方、駐屯地グループとの衝突で撃たれた紹子(安藤玉恵さん)の容体が悪化。響たちは抗生剤を手に入れるために、無線機を通じて駐屯地との交渉を始める……という展開。

写真を見る全 4 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る