君と世界が終わる日に:第9話 ついに最終章へ “来美”中条あやみ死す!? “桑田”浅香航大は駐屯地から逃亡

連続ドラマ「君と世界が終わる日に」第9話の場面写真=日本テレビ提供
1 / 4
連続ドラマ「君と世界が終わる日に」第9話の場面写真=日本テレビ提供

 俳優の竹内涼真さん主演の連続ドラマ「君と世界が終わる日に」(日本テレビ系、日曜午後10時半)第9話が3月14日に放送される。予告映像には、矢が刺さった状態で倒れる来美(中条あやみさん)と「来美死す!?」のテロップが収められている。

 響(竹内さん)は自身の手で来美を矢で射ってしまい、言葉を失う。意識不明の来美は一刻を争う容態。施設前では甲本(マキタスポーツさん)と佳奈恵(飯豊まりえさん)が、等々力(笠松将さん)を人質に自衛隊と対峙(たいじ)。一触即発の状況の中、桑田(浅香航大さん)は佳奈恵の言葉によって駐屯地への疑問を抱き始める。

 一方、駐屯地のジアン(玄理さん)は、首藤(滝藤賢一さん)が避難民たちに打たせている「ワクチン」の正体が気に掛かっていた。

 島には駐屯地から再び桑田がやって来る。桑田は首藤の行動を不審に思い、駐屯地から逃亡して来たのだった。

 そんな中、勝利(田中奏生さん)に撃たれた紹子(安藤玉恵さん)の容体が急変。響たちは抗生剤を手に入れるため、駐屯地との交渉に挑む。そこで交渉に応じたのは、意外な相手だった……。

 日本テレビとHuluの共同製作ドラマで、“生ける屍(しかばね)=ゴーレム”が出現した終末世界を舞台に描くサバイバルラブストーリー。

写真を見る全 4 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る